麻生区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

バドミントン神奈川県新人大会シングル、学校対抗で優勝した 佐藤 彩夏(さいか)さん 上麻生在住 17歳

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

常勝を力に、部を牽引

 ○…昨年11月に行われたバドミントンの県新人大会シングルスで優勝。学校対抗でも優勝し、今年3月に行われる全国大会に出場する。地元から通う鵠沼高校は、県内の強豪校。勝つこと、部長としてのプレッシャーが大きかった。「優勝できてうれしかった。それよりもホッとしたことの方が大きかった」と安堵の色を滲ませる。

 ○…「強い選手と良いラリーができたりしたときが楽しい」。レベルの高い先輩たちの壁にぶつかりながらも、憧れ、背中を追い続けた。3年生が引退し、初めて臨んだ新人戦。受け継がれてきた学校の看板。勝つことへの重圧を背負いながら優勝した。今度は自分たちが後輩に背中を見せていく番だ。「自分がそうだったように後輩に憧れられる選手になりたい」と目標を語る。

 ○…母親がバドミントンクラブに通っていた影響で、小1の時にクラブの体験に参加。「嫌で仕方なかった」と興味を持てずに3カ月で辞めた。小5のときに、4歳下の妹が始めると「一緒に」となかば強制的に入会。練習を続けると才能が開花し、6年生で県大会ベスト8に。「でも全然かなわなかったのが悔しくて」。その思いで中学に入ると、小学生時代に負けた相手に勝てるようになり、自信をつけた。市大会で勝ち続けるも、県大会では結果が出ず、その悔しさを高校でと強豪の鵠沼高に進学した。

 ○…コートを離れると動画アプリTikTok(ティックトック)が好きなイマドキの女子高生。いつも協力、応援してくれる家族には「結果で恩を返していきたい」と照れ笑い。将来は保育士を志す。「今はバドミントンに集中したい。インターハイ出場が大前提。ライバルとの差を広げられるように練習していきたい」。全国での活躍を誓う。

麻生区版の人物風土記最新6

大和田 瞳さん

5月21日にイベント「シェア・ア・マンス」を主催するアクセサリー作家

大和田 瞳さん

高石在住 43歳

5月20日号

長野 千紘さん

劇団四季ミュージカル『ロボット・イン・ザ・ガーデン』でタング役の

長野 千紘さん

川崎市在住 劇団四季俳優

5月13日号

溝口 真央さん

政策コンテスト「未来自治体全国大会」で優勝した

溝口 真央さん

高石在住 21歳

5月6日号

中地 美佐子さん

アルテリッカしんゆり公演『グレイクリスマス』の五條華子役で出演する

中地 美佐子さん

市内在住 53歳

4月29日号

横田 明子さん

孫目線で原爆の語り部について描いた書籍で「日本児童文芸家協会賞」を受賞した

横田 明子さん

金程在住 65歳

4月22日号

SINSKE(シンスケ)さん

アルテリッカしんゆりの公演「THE THREE」に出演するマリンバ奏者の

SINSKE(シンスケ)さん

麻生区在住 46歳 

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

風景や花の水彩画

風景や花の水彩画

岡田ユキオさん作品展

5月19日~5月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook