町田版 掲載号:2020年7月2日号 エリアトップへ

町田市 空き家問題に着手 家と人生設計まとめるノート

社会

掲載号:2020年7月2日号

  • LINE
  • hatena
文字も大きくイラスト入りで分かりやすい
文字も大きくイラスト入りで分かりやすい

 現代の少子高齢化により社会問題化されている空き家問題。町田市は空き家の発生を予防するため、マイホームのこれからを考える「プランニングノート」を初めて作成した。ノートは900部用意され、市役所や生涯学習センターで配られる。市は「今後のことを事前に考え、家族や親族と話し合うきっかけを生み出すツールにしていただければ」としている。

 マイホームに住む人がいなくなると管理が行き届かず、建物の老朽化や庭木の繁栄など、近隣の住環境に悪影響を及ぼす恐れがある。今住んでいるマイホームに家族や身内の人が住まなくなる可能性を考え、家屋や庭の定期的なメンテナンス、解体・売却などについて考え家族や親族に伝えておくことが空き家対策となる。そのため作成されたプランニングノートには住まなくなった場合の活用方法についての項目が載る。さらに自分に万が一のことが起こった時に備え、あらかじめ家族や周りの人に伝えたい医療や介護などに関する内容を記載する「エンディングノート」としての項目も設けられている。

空き家数は三多摩最少

 町田市は2015年の「空家等対策の推進に関する特別措置法」にともない、先進的に空き家対策に取り組んできた。16年には市の東京都宅地建物取引業協会や全日本不動産協会などの不動産事業者、司法書士会、行政書士会、弁護士クラブほか5団体と協定を締結し、市民に向けたセミナーや相談会を実施。また各種専門家による相談窓口の設置等の空き家対策を推進してきた。

 市の空き家状況は現在、三多摩地域26市の中で一番少ないが、市都市づくり部住宅課の香月勇人課長は「きちんと管理がされていたり売買に繋がっていたりと今のところ少ない状況で推移しています。ただ、空き家予備軍は多いので、改めて空き家にしないよう話し合う機会にしていただきたい」と話す。

 ノートはA4判28ページ。7月1日より市役所8階住宅課カウンターや生涯学習センター窓口などで配布を始めている。

21周年感謝祭

感謝の気持ちを込めた特別キャンペーン

https://mitsui-shopping-park.com/mop/tama/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

箱根路目指し予選に挑む

市内2大学

箱根路目指し予選に挑む スポーツ

23日、立川で無観客開催

10月21日号

周知高め寄付促進

町田市ふるさと納税

周知高め寄付促進 社会

3ポータルサイトを利用

10月21日号

3氏が議席争う

衆院選東京23区

3氏が議席争う 政治

19日公示、31日投開票

10月14日号

生徒守る刺股講習

桜美林学園

生徒守る刺股講習 社会

町田署が協力

10月14日号

選挙啓発の標語募集

町田市選管

選挙啓発の標語募集 教育

採用作品はポスターに

10月7日号

5人目の名誉市民に

つくし野在住伊賀健一氏

5人目の名誉市民に 社会

面発光レーザー創案

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook