厚木版 掲載号:2018年9月7日号
  • LINE
  • hatena

あつぎ起業スクールの講師として第1回から市民の起業を支えている 猪熊 正美さん 金田在住 48歳

起業を支えるサポート役

 ○…「『ぜひやりたい』って。地域のためになると思ったから即決」。市内で起業をめざす人に、ノウハウや知識を伝え、サポートする「あつぎ起業スクール」。約10年前、市が講師を探していたところ、税理士の繋がりから白羽の矢がたった。それから11年。今年度も無事にスタートを切った。「ビジネスの夢を形にするのが務め。『受講してよかった』と思えるスクールにしたい」とやる気がみなぎる。

 ○…スクールでは、自身を含め4人の講師がビジネスの基礎、会計、事業計画書作成などのアドバイスをする。起業を成功に導くのが至上命題となるが、「ビジネスとして成り立たないなら、時にはブレーキ役にならないといけない」と厳しい一面も。それでも、起業した受講生の事業が軌道に乗ると「嬉しいよね」と微笑む。

 ○…下荻野で生まれ育ち、三田小、睦合中を卒業した。実家は布団店で、税理士だった叔父の影響もあり、18歳で同じ道をめざすように。現在は水引に事務所を構えるライトハウス税理士法人の代表社員を務める。家族は夫人と娘2人。趣味は弁当作りで、毎朝5時に起床しては家族の分を一手に引き受ける。「娘が中学に入学した時に、俺が作ろうって思った。『見て美味しい、食べて美味しい』がポリシーだね」。朝の弁当作りは9年目を迎えた。

 ○…10年以上、スクールに携わり、自身の成長も感じている。「もちろん、儲けなければ事業は続けられない」と前置きした上で、「稼ぎだけではないと最近は感じる。色々なビジネスがあり、生き方やライフプランに合った事業を成立させるのが大事」と話す。めざすは「どんな夢も叶えられるスクール」。そのために「常にベストを尽くし、『来て良かった』と思ってもらえる講義を追い求めたいね」

元厚木市議会議長 いしい正英

市民が生き活きと暮らすまち あつぎ

https://www.ishiimasahide.com/

<PR>

厚木版の人物風土記最新6件

萩原 トミエさん

厚木市内11カ所で絵手紙教室の講師を務め、現在年賀状展を開催中の

萩原 トミエさん

1月18日号

森屋 知之さん

厚木市古式消防保存会の会長を務め、伝統を受け継ぐ

森屋 知之さん

1月11日号

白鳥 佑記(ゆうき)さん

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第51代理事長に就任した

白鳥 佑記(ゆうき)さん

1月4日号

石上 純也さん

世界で活躍する建築家で、12月8日に凱旋記念講演を行った

石上 純也さん

12月21日号

齋藤 峯代さん

市内女性初となるスポーツ推進委員功労者表彰を受けた

齋藤 峯代さん

12月14日号

伊吾田 弘さん

厚木市障害者福祉事業所連絡会の会長として尽力する

伊吾田 弘さん

12月7日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひととき、言葉と旅をしよう

ひととき、言葉と旅をしよう

大人が楽しむおはなし会

2月7日~2月7日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク