座間版 掲載号:2017年7月7日号

帯アートで七夕表現 文化

作品展に多くの人出

 帯アート展〜うつくしきもの〜が6月28日から7月4日、ハーモニーホール座間で開かれ、多くの来場でにぎわった=写真。主催は座間市教育委員会。

 帯アートは、使わなくなった着物の帯を折り紙のように折りたたみ、芸術品として蘇らせたもの。帯アートの発案者で、座間神社会館すいめいギャラリー杜(もり)の代表を務める山本修子さんが中心となり企画した。

 会場の中心には竹が置かれ、短冊をイメージした帯アートが多数展示された。来場者は「帯で考え付かないようなものを表現していて素敵」と見とれていた。

関連記事powered by weblio


座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/