座間版 掲載号:2017年7月14日号

迫力の神輿、威勢よく 文化

龍藏神社で例大祭

子供神輿(手前)、大人神輿と人手で埋まる道路
子供神輿(手前)、大人神輿と人手で埋まる道路
 南栗原の龍藏神社(大矢一則総代長)で7月8日、例大祭が行われた。

 南栗原、東原、さがみ野地区の守り神として400年以上祀られてきた龍藏神社。地域住民には「リュウドウサマ」と呼ばれ親しまれている。かつての活気を取り戻そうと、1989年からは大人神輿と子供神輿の御渡を大規模に行うようになり、夏の風物詩として定着している。

 今年は約千人が来場。近隣住民らが神輿の担ぎ手となり、町を練り歩いた。フィナーレでは大人神輿と子供神輿が合流し、圧巻の光景に。威勢のいい掛け声が20分ほど響き渡り、無事に宮入した。大矢総代長は「九州の大雨被害が深刻だが、目久尻川も拡幅工事する前は氾濫があった。今年一年、安心・安全に暮らせますように」と話した。

関連記事powered by weblio


座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市主催の婚活イベント

市主催の婚活イベント

綾瀬と連携 10月29日に

10月29日~10月29日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク