藤沢版 掲載号:2012年4月13日号
  • googleplus
  • LINE

ふじさわ観光親善大使 つるの剛士さんが就任 「たくさんの『宝物』PRしたい」

文化

藤沢への思いを語るつるのさん
藤沢への思いを語るつるのさん

 TV番組などで活躍するタレント・つるの剛士さんが「ふじさわ観光親善大使」に就任し6日、江の島サムエル・コッキング苑の江の島シーキャンドルイベントステージで委嘱式が行われた。今後は市の観光振興のほか、子育て支援にもアドバイスをしていくという。

 つるのさんは1男3女の父親で、子育てに積極的に携わる「イクメン」としても知られる。2010年には2カ月間の育児休暇をとったことでも話題となった。藤沢には4年前から在住。委嘱式では「藤沢は帰ってくると心が休まる場所。外から見ると江の島など海のイメージが強いと思うが、北部の農畜産物やB級グルメなど他にもたくさんの『宝物』があるので、大好きな藤沢をどんどんPRしていけたら」と抱負を語った。 今後は7月の海開き式典や、江の島シーキャンドルライトアップなどのイベントに参加する予定。

 委嘱状を手渡した鈴木恒夫藤沢市長は「藤沢を愛してくれる人に、地元の良さを発信してもらえて嬉しい。周辺の鎌倉や茅ヶ崎に負けないようにPRしてもらえたら」と期待を寄せた。また、藤沢市観光協会の二見幸雄会長から観光親善大使の名刺、江ノ島電鉄(株)の深谷研二社長からは記念品が授与された。

「イクメン」の経験生かす

 市では、子育てに高い関心を持っている「イクメン」としてのつるのさんの経験を生かし、子育て支援への助力にも期待している。つるのさんは「藤沢は良い意味でルーズな部分があり、子育てしやすい。『パパ友』『ママ友』もすぐできるし、近所で子育てする雰囲気がある。自分にできることがあれば力を貸したい」と話した。

 つるのさんは俳優、タレント、ミュージシャンなどとして活躍する福岡県北九州市出身の36歳。「ウルトラマンダイナ」での熱演で人気俳優に。その後、クイズ番組や歌番組への出演でも人気を博し、各方面へ活躍の場を広げた。サーフィンや釣り、イラストなど趣味も多彩。親善大使として作成したポスターのデザインや挿絵もつるのさんが手がけたという。

 ブログ「つるたけ日記」ではサーフィンの時に撮影した鵠沼海岸の写真や、藤沢の話題を数多く紹介、また、プライベートで子どもと一緒に宝探しイベント「エノシマトレジャー」に参加するなど、藤沢の情報をかねてから発信していた。

 同親善大使は、つるのさんで3代目。初代はシンガーソングライターの杏里さん、昨年度まで2代目のTUBEが務めていた。
 

藤沢版のトップニュース最新6件

十二神将立像を重文指定

藤沢市

十二神将立像を重文指定

2月16日号

五輪に向け予算拡充

藤沢市

五輪に向け予算拡充

2月16日号

安全なまちづくりで表彰

湘南大庭地区防犯協会

安全なまちづくりで表彰

2月9日号

最優秀タッグに認定

藤沢市出身諏訪魔選手

最優秀タッグに認定

2月9日号

人気に嬉しい悲鳴

藤沢初のまちゼミ

人気に嬉しい悲鳴

2月2日号

初の大規模リニューアル

テラスモール湘南

初の大規模リニューアル

2月2日号

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク