藤沢版 掲載号:2019年11月8日号 エリアトップへ

藤沢翔陵、県駅伝制す 3年ぶり34回目

スポーツ

掲載号:2019年11月8日号

  • LINE
  • hatena
ゴールでガッツポーズを見せる岩野さん
ゴールでガッツポーズを見せる岩野さん

 男子第72回県高校駅伝競走大会が2日、小田原市の城山陸上競技場で行われ、藤沢翔陵高校が3年ぶり34回目となる優勝を果たした。12月に開催される全国高校駅伝、通称「都大路」への切符を手に入れ、県勢最多の35回目の全国出場となる。

 台風19号による被害の影響で、例年の丹沢湖から初の競技場でのトラックレースとなった。各区間ごとに選手たちが規定の距離をトラックで周回し、男子は7人の合計タイムで順位を競った。

 1区・1万mは馬場園怜生さん(3年)。上位3人が県高校男子新記録を出すハイレベルな争いの中、5位にくらいついた。続く2区の田邉優太さん(2年)が2位につけ、3区の伊東卓駿さん(3年)、4区の長谷実樹さん(3年)が先頭集団で繋げた。

 しかしトップは依然として、昨年優勝の宿敵・鎌倉学園。近隣地域ということもあり、中学時代からのライバルも多く、選手にとって意識せざるを得ない学校だ。

 流れを変えたのが、5区・3000m担当の、主将・金子伊吹さん(3年)。当初残4周ほどで攻める予定だったが、鎌倉学園の選手が転倒するアクシデントが発生。「想定より先頭集団のスピードが遅く、ポジション取りも考える必要が出た」と一転し、残2200mで早々に仕掛けた勝負が成功、区間トップで後続につないだ。続く6区・山村啓仁さん(3年)が、鎌倉学園と11秒差までつけた。

 運命を託されたのは、今回が公式戦初出場となった、7区・アンカー、岩野幸樹さん(2年)。これまでケガなど不調が続いていたが、今回はまさに「大抜擢」だった。スタート前に伝えられたトップとの差は約10秒。「プレッシャーには強くない」と話しつつも「いつも(小菅正男)監督に言われていることをこなすだけ」と自信を持って5000mを走り出した。

 先頭集団は8人。大きな動きはなく、緊張が続く中、残り2000m、8人の先頭集団を抜け出した。追う鎌倉学園を背中に感じつつも、一度も振り返らず、力強いストライドで先頭を走り切り、1位でゴール。最終記録は2時間6分49秒で2位鎌倉学園との差は僅か「2・57」秒。思わずガッツポーズを決めた岩野さんに皆が駆け寄り、抱き合い、涙した。

 次に迎えるのは、11月16日の関東大会。結果に関わらず全国へ出場できるが、「全国へ弾みのつく走りができれば」とメンバーは先を見据えた。
 

意気込む駅伝メンバー
意気込む駅伝メンバー

藤沢版のトップニュース最新6

「触れる彫刻展」続け30回

白旗在住桒山さん

「触れる彫刻展」続け30回 文化

24日まで市民会館で開催

10月22日号

消費喚起へ電子商品券

消費喚起へ電子商品券 経済

来月1日から購入受付

10月22日号

いじめと人権、考え深め

いじめと人権、考え深め 教育

湘洋中で弁護士が授業

10月15日号

市民オペラ 来春開催へ

市民オペラ 来春開催へ 文化

コロナで延期、練習本格化

10月15日号

現元の三つどもえか

衆院選神奈川12区

現元の三つどもえか 政治

日程前倒しで臨戦態勢へ

10月8日号

DX推進 年内加速へ

藤沢市

DX推進 年内加速へ 社会

知見求め、民間人材任用

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

藤沢版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook