鎌倉版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

「かまくら春秋社」の代表で、このほど神奈川文化賞を受賞した 伊藤 玄二郎さん 藤沢市在住 75歳

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena

鎌倉で文化発信、半世紀

 ○…1970年に設立した「かまくら春秋社」での出版活動や多岐にわたる教育・社会貢献活動が評価され、文化の発展に功績のあった個人・団体に贈られる「神奈川文化賞」を受賞した。「出版は一人では完結しない仕事。作家さんや協賛企業、何より読者がいたからこそ、ここまでくることができた。支えてくれた全ての人に感謝したい」と微笑む。

 ○…大船で生まれ育った。大学卒業後、出版社に入社。鎌倉出身という理由で多くの「鎌倉文士」を担当した。なかでも「人生の師」と仰いでいたのが里見弴だ。「鎌倉で雑誌を作ってみないか」という里見の言葉を受けて、月刊誌「かまくら春秋」を創刊したのは25歳の時。「若かったし失敗することは考えなかった」と笑って当時を振り返る。「自分が世に出したものを読み、共鳴してくれる人がいる。その達成感を持ち続けてこられたことが幸せですね」と噛みしめるように話す。

 ○…教育者としても様々な足跡を残してきた。関東学院大学で教鞭をとり、東日本大震災後は学生とともに被災地支援活動「サンタ・プロジェクト」に取り組んだ。ゼミ生と立ち上げた建長寺での「親と子の土曜朗読会」は来年5月に800回を迎える。「学生が積極的にサポートしてくれたからこそ息の長い活動になった」と目を細める。現在は通信制大学の星槎大学でも教授を務め、比較文化論やメディア論を教える。

 ○…出版を取り巻く環境は50年で大きく変わったが、その将来について悲観はしていないという。「書籍を通じて得た体験、経験は宝物としてずっとその人のなかにあり続ける。それを伝える活字はまさに心の原風景。よい作品を出せば、必要とする人は必ずいます」。強い信念を胸に、鎌倉から文化を発信し続ける。
 

鎌倉版の人物風土記最新6

町田 隆彦さん

「鎌倉だいこん未来研究クラブ」の会長を務める

町田 隆彦さん

由比ガ浜在住 56歳

12月6日号

河野 翔太さん

はんだ付けコンテスト世界大会に日本代表として出場した

河野 翔太さん

寺分在住 26歳

11月29日号

寺田 しのぶさん

今日から12月1日まで鎌倉芸術館で個展を開催する仏画師

寺田 しのぶさん

藤沢市在住 56歳

11月22日号

中田 由美子さん

押し花作家として県押花芸術展グランプリを受賞し、地域での講習にも取り組む

中田 由美子さん

常盤在住

11月15日号

佐々木 真史さん

日本基督教団鎌倉教会で始まった新人芸術家支援活動のプロデューサー

佐々木 真史さん

東京都在住 51歳

11月8日号

五十嵐 めぐみさん

大船ハロウィンウォークを発案したNPO法人hinataboccoの代表理事

五十嵐 めぐみさん

大船在住 42歳

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク