秦野版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

東田原金剛寺 法話伝える ねずみの石像 「昼夜を表し、生死を説く」

社会

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
鈴木住職と石像
鈴木住職と石像

 今年の干支は「子」。金剛寺(秦野市東田原1116)に大きな木魚に寄りかかって眠る一休さんに、ねずみ2匹が登っている大きな石像が置かれている。同寺の住職で自身も子年生まれの鈴木楚道さん(35)に話を聞いた。

 15年以上前、同寺の本堂建て直しの際に置かれたという石像。一休さんの左肩と足元にねずみが登る可愛らしい石像だ。ねずみについて鈴木住職は「仏教の話が関わっているのでは」という。

 法話に『黒白二鼠(こくびゃくにそ)』というたとえがある。荒野を歩く旅人が突然ゾウに追われ、蔓の垂れ下がった井戸に蔓をつたって逃げ込んだ。ほっと安堵したが、井戸の下には大きなヘビが。さらに上では白鼠と黒鼠が交互に蔓をかじっていた。「もうだめだ」と天を仰ぐと甘い蜜が垂れてきて、旅人はその美味しさにしばし恐怖を忘れたという。

 「ねずみの白は昼、黒は夜を表し、人は常にいつ死ぬか分からない状況にあるが、目の前の欲望に流されてしまう。この法話は心して身と生活を律しなさいというたとえ。石像のねずみはおそらく、その二匹を表しているのでは。一休さんの安らかな顔は生死を超越したように見えます」と鈴木住職は話した。この石像は本堂の前にあり、誰でも自由に見ることができる。鈴木住職は「お気軽にお越しください」と呼び掛けている。

秦野版のトップニュース最新6

たばこ祭の中止を決定

たばこ祭の中止を決定 文化

地域活性化策は今後も模索

8月14日号

ヤビツ峠にレストハウス

ヤビツ峠にレストハウス 社会

来年3月開業目指し整備

8月14日号

表丹沢の資源を活用

秦野市

表丹沢の資源を活用 政治

「魅力づくり構想」策定へ

8月7日号

オンラインで視察

秦野市教委

オンラインで視察 教育

ICT教育進む町田市と

8月7日号

花のある地域目指し10年

花のある地域目指し10年 文化

鶴巻上部自治会の花壇愛好会

7月31日号

秦野の自然・名所をハイク

秦野の自然・名所をハイク 社会

8月からスタンプラリー

7月31日号

アクア薬局

パート事務員募集

TEL:0463-86-6297

湘南森林霊園

渋沢丘陵に静かにたたずむ「森の墓地」

https://smp-shinrin.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

それぞれのおもい写真展

写るん会

それぞれのおもい写真展

11日から本町公民館

8月11日~8月31日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月14日号

お問い合わせ

外部リンク