座間版 掲載号:2017年4月14日号

社協ボランティアセンター

利用者拡大で活性化図る 社会

登録団体以外へ門戸開放

会議などができるミーティングルーム
会議などができるミーティングルーム

 ボランティア活動を支援する座間市社会福祉協議会ボランティアセンターは今年度から、同センターの利用者拡大を目的に、3階にあるミーティングルームについて登録団体以外の利用開放を決めた。同センターでは、市内にあるボランティア団体の実態を把握するとともに、活動の活性化等を図るねらいがある。

 座間市社会福祉協議会(緑ケ丘1の2の1)の3階にあるボランティアセンターは、主にボランティアを希望する人への団体紹介や相談を受けるといった支援活動を行っている。また、ボランティアを受けたいと思っている人の相談も受け付けている。このほか、一般市民を対象とした福祉講座や体験会の開催、車椅子体験や救急法等の研修などを開いている。

 市内で活動するボランティア団体の活動情報に関しては、隔月発行の「ぼらぼら通信」や施設ボランティアガイド、ホームページなどで発信し、情報提供を行っている。また、同センター内には5つのミーティングルームがあり、登録しているボランティア団体は会議や資料作成、情報交換の場として利用することができる。

 現在、登録している団体は56団体あるが、同センターは市内で活動している非登録団体の把握や活動の活性化、センター自体の周知などを目的に4月1日から登録団体以外の利用もできるようにした。

 同センターの担当者は「市内で活動しているボランティア団体はもっとあると思う。この場を利用する団体が増え、交流することでボランティアの活性化につながれば」と話す。

 ミーティングルームを利用できるのは、社会貢献活動を自主的に行う団体で、営利目的の活動はできない。利用時間は午前9時から午後10時まで。年末年始や清掃などによる休館日を除き、原則毎日使用することができる。

ボランティア団体・活動を知る機会

 同センターは、ボランティア同士の情報交換や気軽に会話を楽しむイベント「ぼらぼらサロン」を4月27日(木)、ミーティングルームで開催する。時間は午後1時半から3時まで。

 同センターの職員も参加し、ボランティア活動の紹介などを行う。同センターは「活動内容が分かるこの機会に、気軽に参加してほしい」と話している。申し込みは不要、直接来場を。問合せは同センター【電話】046・266・2002。
 

座間版のトップニュース最新6件

アートで就労支援を後押し

立野台在住根本昌明さん

アートで就労支援を後押し

4月21日号

チャレンジデー初勝利へ

座間市

チャレンジデー初勝利へ

4月21日号

育児用品1万円分を支援

座間市子ども政策課

育児用品1万円分を支援

4月14日号

ハンドタイガースが日本一

小学生女子バレーチーム

ハンドタイガースが日本一

4月7日号

救命救急センター設置へ

海老名総合病院

救命救急センター設置へ

4月7日号

芹沢公園が全面開園

関連記事(ベータ版)

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

緑化祭り 今年も

緑化祭り 今年も

29日 かにが沢公園で

4月29日~4月29日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/