座間版 掲載号:2011年8月26日号
  • googleplus
  • LINE

子どもにも防災力 都南教習所で体験塾

教育

使い慣れない水消火器に挑戦する参加者
使い慣れない水消火器に挑戦する参加者

 子どもたちが防災力を養う「親と子の夏休み防災・生活体験塾」が8月22日、市内緑ヶ丘の都南自動車教習所で開かれ、市内から約45人の参加があった。

 この催しは、災害時に小学生でもできる活動を体験を通じて学んでもらおうと、同教習所が企画したもの。講師は、市内で防災活動に取り組む「ざま災害ボランティアネットワーク」が務めた。

 当日、子どもたちは、水消火器などによる消火活動を体験したほか、災害時に貴重な飲料水をダンボールやペットボトルで運ぶ訓練にも挑戦。また、粉末状にしたスナック菓子にお湯とマヨネーズを混ぜた、オリジナル非常食も作った。同ネットワークのメンバーは「災害発生から日が経てば、大人たちは仕事に出る。(避難所では)子どものみで行動しなければいけないことが多くある」と、訓練の必要性を説明した。

 母親と参加した青木静香さん(小学校6年生)は「初めて使った水消火器は、思っていたより水の勢いが強くて驚きました。学校の訓練より本格的で、色々と学べました」と話していた。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク