座間版 掲載号:2012年1月27日号
  • googleplus
  • LINE

"おうち"気分でママ交流 ひがしのだんだんリビング

社会

自由な出入りで気軽に立ち寄れる
自由な出入りで気軽に立ち寄れる

 東地区文化センターが主催する「ひがしのだんだんリビング」が1月25日、同センターで開催され、親子20組が参加した。

 家庭のリビングへ遊びに行く感覚で、子育て中の母親同士が交流したり子どもが自由に遊べるようなフリースペースとして開設しているもの。同センターのスタッフやボランティアが”見守り役”として参加する。一般的な子育てサロンと違って、全体での手遊びや読み聞かせはなく、飲食物やおもちゃを持ち込むことができる。

 その日、2人の子どもを連れて参加した江川孝子さんは「ママ友達ができて、行動範囲が広がりました。経済的にもありがたい子育て支援です」と話していた。担当者は「震災以降、地域支援の必要性が高まっています。近隣のママたちが交流できる場をつくっていきたいです」とコメントしている。

 次回の開催は2月23日(木)。現在、見守りボランティアを募集している。問い合わせは同センター【電話】046・253・0781まで。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク