座間版 掲載号:2012年2月10日号
  • googleplus
  • LINE

つまみ画家 穂積和代さん 指先で引き継ぐ伝統

文化

作品に囲まれた作業場
作品に囲まれた作業場

 布を一枚いちまい組み合わせて台紙に貼り付け、花鳥風月を表現するつまみ画。江戸時代の小物や花簪(かんざし)などに由来し、長い歴史をもつ日本の伝統工芸のひとつだ。座間に住むつまみ画家、穂積和代さん(82)を取材した。

 30歳のころからつまみ画を始めた穂積さん。講師の資格を取得し、これまで学校やカルチャーセンターなどで教鞭をとってきた。自らも生徒として都内の教室に通い続けている。

 作品の構図はすべてオリジナル。谷戸山公園などで撮影した写真からイメージする。使う布は真っ白の絹と決まっており、染色も重要な作業のひとつだ。アクリル絵の具や金箔で描いた台紙に、さまざまな大きさに切った布をひとつまみずつのりで貼る。嘴(くちばし)や枝には綿や粘土、木材なども用いる。根気のいる作業の繰り返しで、完成まで1年近くかかるという。

 (財)日本工芸指導協会の理事を務め、昨年には文科省から平成23年度社会教育功労賞を受賞。「材料や描き方にある”日本らしさ”が魅力」と穂積さん。春には自宅で教室を開く。

 問い合わせは穂積さん【電話】046・258・3275。
 

細かな作業が必要
細かな作業が必要

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

アジサイ・ハナショウブ

姉妹で柔道関東大会へ

沼沢姉妹(東原在住)

姉妹で柔道関東大会へ

6月1日号

地域が抱える課題に対応

地域の安全活動を称える

消防団サポートへ団結

3年ぶり優勝

イエロースネークス

3年ぶり優勝

6月1日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク