座間版 掲載号:2012年2月10日号
  • googleplus
  • LINE

救命救急にチャレンジ 西中の1年生が福祉体験

説明を聞きながら真剣に体験する生徒
説明を聞きながら真剣に体験する生徒

 座間市立西中学校では2月1日、1年生の生徒195人が福祉体験を行った。

 この日は、手話や点訳、拡大写本、誘導援助、障害児理解、要約筆記、車椅子体験、救命救急の8つの分野に分かれて体験した。

 それぞれ講師として、ボランティアで活動している団体などが協力し、講義や実技などを交えながら生徒に福祉について指導にあたった。

 車椅子体験では段差などで実際に試乗し、生徒は「車椅子を押すほうは、相手を落とさないように気を使った」と話していた。

 図書室では座間市消防本部職員が、AEDと心肺蘇生を26人の生徒に指導。人形などを使い、気道確保の仕方や呼吸の確認などをグループごとに説明した。体験した生徒は「心臓マッサージが難しかった。手が痛くなった」と体験を振り返った。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク