座間版 掲載号:2012年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

金環日食 雲間からキラリ 大きな歓声 座間総合で観察会

教育

 首都圏で観測されるのは173年ぶりとなる「金環日食」の観察会が、5月21日に座間総合高校で開かれ、約70人の生徒が集まった。日食がピークとなる午前7時34分過ぎに、雲の切れ間から太陽が姿を見せると、大きな歓声があがった。

 太陽と月が重なり、光がリング状に見える金環日食。次に首都圏で見られるのは300年後とあって、観察会には多くの生徒が参加した。

 21日の朝、市内の空は雲に覆われ、ときおり雨が降る悪天候に。観察会の会場となった同校の中庭でも、もっともリング状に近くなる7時34分の時点では太陽が見えなかった。テレビがある室内に生徒が移動しようとした37分、1人の生徒から「見えた!」と大きな声が上がった。全員が、専用グラスをかざしながら見上げると、雲の間を縫うようにリング状の太陽が現れ、「すごいきれい」「感動する」という声が次々とあがった。その後も、断続的に日食を観察することができ、生徒は世紀の天体ショーを楽しんでいた。

 1年生の女子は「きれいな金環が見られて嬉しかった」と喜んでいた。観察会を企画した根本拓真教諭は「リング状に見える、ぎりぎりのタイミングで観察できた。一安心しました」と話していた。
 

リング状に近い太陽
リング状に近い太陽

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

アジサイ・ハナショウブ

姉妹で柔道関東大会へ

沼沢姉妹(東原在住)

姉妹で柔道関東大会へ

6月1日号

地域が抱える課題に対応

地域の安全活動を称える

消防団サポートへ団結

3年ぶり優勝

イエロースネークス

3年ぶり優勝

6月1日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク