座間版 掲載号:2012年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

「いっぱい食べて大きくなって」 蕎麦商組合が成光学園を訪問

教育

 市内のそば屋が加盟する「市蕎麦商組合」(瀬川清光組合長)が11月29日、児童養護施設「成光学園」(矢部雅文園長)を訪れ、そばを振る舞った。

 年越しそばの習慣を楽しんでもらおうと毎年開かれており、今年で28回目。全ての費用を組合が負担している。

 この日のメニューは、海老天、月見、おかめなど5種類。子どものリクエストに応じて、組合員18人が作業を分担して調理にあたった。

 子どもたちが美味しそうに食べる様子をみて「いっぱい食べて大きくなるんだよ」と、組合員は優しく声をかけていた。食事終了後には、お菓子などがプレゼントされた。

 瀬川代表は「子どもたちの喜ぶ姿を見ていると、企画して良かったと思います。来年も頑張りたい」と話していた。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク