座間版 掲載号:2013年4月19日号
  • googleplus
  • LINE

坂道を駆け上がる マラソン大会に320人

スポーツ

急な坂にも負けずにダッシュする参加者たち
急な坂にも負けずにダッシュする参加者たち

 坂道をコースにした県内でも珍しい「ZAMA坂道マラソン大会」が、4月14日に芹沢公園周辺で開かれ、市内外からおよそ320人が参加した。

 青年経営者などで組織される座間青年会議所(鈴野隆大理事長)が2010年から継続している大会。座間の特徴である坂道を資源と捉えて、地域の活性化を図っている。

 コースは、距離によってわんぱく(2・2Km)、ひまわり(3・2Km)、夷参(いさま)(6Km)の3種類に分かれている。全コースの終盤にある急こう配な道では、体力を振り絞って駆け上がる参加者の姿が多く見られた。

 また今大会では、ユニークな案内人が登場した。「一つ目小僧地蔵」のお堂がある三屋の坂では、一つ目小僧の仮装をしたスタッフが道路に立ち、ランナーを誘導しながらエールをおくっていた。
 

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク