座間版 掲載号:2013年9月20日号
  • googleplus
  • LINE

成光学園、7連覇へ始動 児童福祉施設の駅伝大会

スポーツ

選手を目指してトレーニングを積む子どもたち。大会までの約2カ月間、休みなく練習する
選手を目指してトレーニングを積む子どもたち。大会までの約2カ月間、休みなく練習する

 神奈川県の児童福祉施設駅伝大会を6連覇中の児童養護施設「成光学園」(矢部雅文園長/緑ケ丘)が9月から、大会7連覇を目指して本格的な練習を始めた。子どもたちは、本番の11月16日(土)まで毎日練習に取り組む。

 県内の児童福祉施設に通う子どもが健脚を競う大会。小学生から高校生まで8人でたすきをつなぐ。1区間2・4Kmで、総距離は19・2Km。同学園は2007年から優勝し続けており、昨年は史上初の6連覇を達成した。

 記録更新がかかる今年。9月から本格的なトレーニングを開始した。参加するのは、小学校4年生から高校3年生まで約20人。このうち、大会に出場できるのは8人のみ。11月までに7〜8回の記録会を行い、合計タイムで選抜選手が決まる。「1回遅くても挽回できるので、みんなモチベーションを持続しながら練習に取り組んでくれます」と職員で監督の漆原豊和さん。大会までの2カ月間で、タイムを1分も縮める子もいるという。また、本番を想定して、ランニングコースに坂道を取り入れたり、風が強い場所を選ぶなど工夫にも余念がない。

 大会に向けて漆原さんは「子どもたちには心身共に成長して、大会に臨んで欲しい」と話していた。
 

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク