座間版 掲載号:2014年11月14日号 エリアトップへ

田渡隆代さん・菜月さん 初の親子展 欧州テーマに30点超

文化

掲載号:2014年11月14日号

  • LINE
  • hatena
隆代さん(左)と菜月さん。それぞれの力作が、カフェの壁に並ぶ
隆代さん(左)と菜月さん。それぞれの力作が、カフェの壁に並ぶ

 20年以上にわたり伝統工芸「ヨーロピアン・ペインティング」を手掛けてきた田渡(たわたり)隆代さん(50歳/立野台)と、美術大学で銅版画を学んだ娘の菜月さん(22歳/東京都)。親子として、創作者として、お互いを尊敬しているという2人の作品展が、今月11日から大和市南林間のカフェギャラリー「野の花」で始まった。会期は今月29日(土)まで。

 ヨーロピアン・ペインティングは、16世紀頃から伝わる伝統工芸で、木製品などに絵を施すもの。寒冷地に住む人々が、冬季に家具や家の柱に絵を描いたのが始まりとされる。

 隆代さんは、1988年にヨーロピアン・ペインティングを日本に広めたとされる木村恭子さんに師事。1990年から指導者として活動するようになり、育児と両立しながら、市内で教室を主宰してきた。

 母親の姿を見て育った菜月さんも、小さい頃から絵を描くのが大好きで、高校卒業後、武蔵野美術大学に進学。当初は油絵を専攻していたが、3年生から銅版画を学ぶようになった。

 創作では、ニードルと呼ばれるキリのような道具を使い銅板に線描。繊細なモノトーンの世界を表現する。高い集中力と根気が要求され、隆代さんも「緻密な表現力に圧倒されます」と太鼓判を押す。

「旅行気分に」

 菜月さんの卒業と作家活動スタートに合わせて企画した作品展。ヨーロッパ中世期の写本装飾をテーマに、それぞれがヨーロピアン・ペインティングと銅版画の作品を制作した。ローマ字や植物をモチーフにした作品が約30点並ぶ。隆代さんは「お互いの個性がぶつかり合うことなく、融合した作品展。ヨーロッパを旅行しているような気分になってもらえれば嬉しいです」と呼び掛けている。

 午前11時から午後6時(日・月定休)。野の花は南林間1の18の16の2F。問い合わせは隆代さん【電話】046・252・0521。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク