座間版 掲載号:2014年12月19日号
  • googleplus
  • LINE

ひまわり焼酎の季節到来 福岡の蔵元から「帰郷」

社会

恒例の入荷式で、焼酎販売への士気を高めた会員ら
恒例の入荷式で、焼酎販売への士気を高めた会員ら
 市内酒屋による「県央小売酒販組合座間支部」(植木富士雄支部長)が、15年前から手がける地場産品「ひまわり焼酎」が今年も入荷し、12月13日から加盟店およそ20店舗で一斉に発売された。

 同商品は座間市で咲いた、ひまわりの種が原材料。種は、福岡県で創業120年超の蔵元・目野酒造(株)で、風味豊かな焼酎に生まれ変わる。毎年12月に座間へ「帰郷」し、消費者へと届けられている。

 同日早朝、市役所ふれあい広場で、毎年恒例の「入荷式」が執り行われた。目野酒造から届いた同商品は、組合員のトラックへ次々と運び込まれていった。植木支部長は「帰省土産にオススメの逸品です。ぜひ、大切な人への贈り物にして下さい」と呼びかけていた。

 720ミリリットルが1230円(税込)、ミニボトルタイプ(180ミリリットル)が330円(税込)となっている。

 問い合わせは酒のウエキ【電話】046・254・7200へ。

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク