座間版 掲載号:2015年2月27日号
  • googleplus
  • LINE

日本の伝統、肌で感じて やなせ幼稚園で能楽体験教室

教育

 「たかさごや、このうらふねに ほをあげて」――。やなせ幼稚園に、子どもたちの歌う「高砂」が響いた。

 2月23日、同園6歳児クラスの園児90人が能楽に挑戦した。一日限りの「先生」を務めたのは、東京都江東区に本拠地を置くNPO法人「鶴亀座」。「能楽普及集団」として、首都圏一円の学校や園を回り、子どもたちに能の素晴らしさを伝える活動をしている。

 この日園児は3つのチームに分かれ、それぞれ鼓と太鼓、謡を学んだ。「上手にできたね」と声をかけられると、緊張した様子の園児も笑顔を見せていた。

 最後は同法人による「土蜘蛛」の実演。糸が放たれる最大の見せ場(=写真)を迎えると、大きな歓声が巻き起こった。

 柳瀬暁美園長は「能は初めてという子が殆ど。それでも皆熱中していた。遠方から来て下さった鶴亀座さんに感謝したい」と話した。

太鼓に挑戦する園児
太鼓に挑戦する園児

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク