座間版 掲載号:2015年3月20日号 エリアトップへ

開花ピーク近づく 相模川河川敷の水仙

文化

掲載号:2015年3月20日号

  • LINE
  • hatena
白と黄色の花を咲かせた※3月17日撮影
白と黄色の花を咲かせた※3月17日撮影

 座架依橋近くの相模川沿いにある「水と緑の風広場」で、水仙が愛らしい花を咲かせ、河川敷を歩く人々の目を楽しませている。栽培を手掛ける市民団体「花を咲かそうボランティアの会」(会員数/70人)の野島誠一郎会長によると、見頃のピークは4月1日前後の見込みだ。

 総面積2400平方メートルの広場には、ラッパ水仙を中心に41品種2万本が植えられている。この地はもともと雑草が生い茂る場所だったが、同会が2010年から5年かけて開墾し、「花の名所」として生まれ変わらせた。座間市の協力も受けながら植栽は継続しており、完成見込みの2017年3月には6万本もの水仙が咲く予定。

まつりも開催

 同会では、市民にも植栽計画への関心を持ってもらおうと、見頃に合わせて今月25日(水)から4月5日(日)まで「水仙まつり」を初めて開催する。期間中の28日(土)と29日(日)の午前11時から正午までは、相武台囃子連が祭り囃子を披露する予定。

 また、同会が同じく水仙を育てている、市内緑ケ丘のかにが沢公園(園内の子ども広場近くの斜面)でも、日本水仙などを観賞することができる。

 問い合わせは野島会長【携帯電話】090・2304・1186(昼間のみ)。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク