座間版 掲載号:2015年8月7日号 エリアトップへ

シリーズ 戦後70年 語り継ぐ「記録と記憶」

社会

掲載号:2015年8月7日号

  • LINE
  • hatena
父親の体験を調べて、紙にまとめ上げた佐野さん
父親の体験を調べて、紙にまとめ上げた佐野さん

 「親父がどのような苦労をしたのか。子どもとして知りたい」。南栗原に住む佐野秀雄さん(72)は、多くの戦死者を出した「インパール作戦」に従軍した父・金作さん(享年96)の体験について、1年前ほどから調べている。その内容を知るほど、犠牲者の無念に胸が痛む。「戦争を二度としては駄目」――。亡き父の口癖だったという言葉の意味を改めて噛みしめている。

最終回 亡き父の戦争体験に迫る

 金作さんが出征したのは1943年。当時まだ29歳で、長男の秀雄さんが生まれて間もない頃だった。サイゴンやバンコクを経由してビルマ(現ミャンマー)に入り、インドにおけるイギリスの最前線基地・インパールを攻略する作戦に加わった。

 補給線が十分に確保されず、糧食・弾薬が乏しいなかでの戦闘は困難を極めた。被害が拡大しながらも撤退命令は下りず、戦闘や飢餓による戦死者は増える一方だった。行軍途中の道路は、後に「骸骨(がいこつ)街道」と呼ばれるほど遺体が積み重なり、前線では兵士が鉄砲で自分の喉を撃って自決した。多くの兵士が非業の死を遂げるなかで、金作さんは生き延び、1946年6月に復員。日本に残してきた家族と再会を果たした。

「従軍記」もとに

 秀雄さんは、シニア学級・あすなろ大学の学習の一環で、これらの出来事を調べ始めた。主な資料は、金作さんが80代半ばに書き上げた「私の従軍記」。「貴重な経験を文章にしては」という秀雄さんの提案を受けて執筆されたもので、徴兵から復員まで苛烈な体験の数々が生々しく描かれている。従軍記に加え、本やインターネット、父宛ての戦友からの手紙などを調べた。作戦について知れば知るほど、その「滅茶苦茶さ」に驚いた。「死ぬ必要が無い人が、大勢犠牲になった」――。調べた内容は、3月の同大学発表会で来場者に紹介した。

調査は道半ば

 約1年にわたり調査を続けたが、感覚としては「表面を触っただけ」。作戦の実態を理解し、金作さんの苦労に迫るには、さらに数年を要すると感じている。「もしかしたら、どれだけ調べても分からない事かもしれない」という考えも頭をよぎる。それでも、今後もコツコツと調べていく。「いつか子や孫に、親父の体験を伝えられれば」。そんな想いも抱いている。
 

調査の土台となった従軍体験記
調査の土台となった従軍体験記

戦後70年 語り継ぐ戦争の記憶

タウンニュースの各発行エリアで企画・編集した関連記事まとめ

http://www.townnews.co.jp/postwar70.html

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク