座間版 掲載号:2016年6月24日号
  • LINE
  • hatena

伝統受け継ぎ「新生」 座間市纏(まとい)会が総会

社会

挨拶する鈴野会長
挨拶する鈴野会長

 消防団OBの交流を深め、現役メンバーを支援することを目的とする「座間市纏会」の第1回総会が、今月12日に西栗原の飲食店で開かれた。

 同団体は、1971年に結成された「まとい会」を前身とする組織。まとい会は当初、分団長経験者などが所属する組織だったが、近年は本団の団長を務めた人のみで構成され、高齢化が進んでいたという。まとい会の若返りを図り、その活動と伝統を引き継ぐ団体として、座間市纏会がこのほど結成された。

 座間市纏会の会員対象は、消防団に5年以上在籍したOB。現在の会員数は39人で、2016年度は県操法大会に出場する選手たちの激励などを行う予定。また、会長には旧団体に引き続き、鈴野俊夫さん(=人物風土記に関連記事=)が就任した。

 総会で鈴野会長は「まとい会の先輩方が築いた実績をしっかり継承します。そして、消防団がより発展するよう全力を尽くします」と抱負を語った。

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク