座間版 掲載号:2016年7月22日号
  • LINE
  • hatena

神輿渡御や祭典、その目で 氏子会 石井康正会長

文化

氏子をまとめる石井会長
氏子をまとめる石井会長
 毎年、多くの参拝客で賑わう例大祭。祭りを主催するのが、約600世帯で構成される「鈴鹿明神社氏子会」(石井康正会長)だ。

 入谷で生まれ育った石井会長にとって例大祭は、なじみ深い祭事。祭り囃子や伝統芸能の披露、本神輿の渡御など見所は数多くあるという。「ぜひ足を運んで欲しい」と話すのが、8月1日(月)の午前9時30分から執り行われる祭典だ。古木普総(ゆきふさ)宮司による祝詞奏上や、神前神楽「浦安の舞」奉納などが行われる。一般参拝者は境内から見守る形になるが、「厳かな雰囲気を感じてもらえれば」と呼びかけている。

 今年は、4月に結成されたばかりの氏子青年会が祭りを支える。本神輿が地域を渡御する際に、青年会員らが高張提灯を掲げて練り歩くそうだ。「若い力で盛り上げて欲しい」と期待している。

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひまわりフォト写真展

ひまわりフォト写真展

15会員の”感動”表現

2月19日~2月24日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月8日号

お問い合わせ

外部リンク