座間版 掲載号:2016年7月29日号
  • LINE
  • hatena

平和への願い、被爆地に届け 折鶴3万5千羽集まる

社会

 市原水爆禁止協議会が、市民から寄せられた折鶴の箱詰めを7月26日に市庁舎1階市民サロンで行った。折鶴は恒久平和を訴えるべく同協議会が6月中に募ったもので、16日間にわたり市役所内に誰でも折鶴を折れる特設コーナーを設置していた。

 今年は、持ち込みを含む約3万5000羽が集まった。市民の想いを乗せた色とりどりの鶴は、被爆地・広島市と長崎市に届けられるという。

 当日は、同会の会員に加え、市内四ツ谷のちぐさ保育園の園児12人も折鶴を持参して発送作業を手伝った。会場にはざまりんも駆けつけ、園児たちと力を合わせて参加者のサポートをしていた。

ざまりんも箱詰めを手伝った
ざまりんも箱詰めを手伝った

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひまわりフォト写真展

ひまわりフォト写真展

15会員の”感動”表現

2月19日~2月24日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク