座間版 掲載号:2016年8月19日号 エリアトップへ

相模が丘のマンション 高齢化対策に見守り隊 発足2年目 行政への橋渡しも

社会

掲載号:2016年8月19日号

  • LINE
  • hatena
サポート隊の責任者を務める斎藤さん(中央)。同じく隊員の与那国明美さん(左)と千田多賀夫さん
サポート隊の責任者を務める斎藤さん(中央)。同じく隊員の与那国明美さん(左)と千田多賀夫さん

 65歳以上の人が居住者の約45%を占める「カーサ相模台」(相模が丘)で、住人らが高齢者宅などを定期的に訪れて近況確認などを行う「カーサ サポート隊」が活動している。設立から1年5カ月が経ち、見守り活動は高齢者の安否確認や住民交流に寄与しているほか、介護不安を抱える人に公的機関を紹介するなど行政への「窓口」としての機能も果たしている。

住民の45%が65歳以上

 メンバーは、カーサ自治会長で同隊責任者を務める斎藤光雄さんをはじめする9人。訪問は希望制となっており、現在は2人1組で原則月1回、体調を崩している高齢者や障がい者など6世帯を訪れて近況を聞く。介護について不安を持っていれば地域包括支援センターなどを紹介し、身の回りで困りごとがあれば高齢者支援のNPO法人と繋いだりする。

専門家招き勉強会

 カーサ相模台は1972年〜73年に完成したマンション。現在は約210世帯およそ450人が暮らしている。完成から45年近くが経ち、およそ200人が65歳以上になった。

 高齢化の進行に加え、2年前には高齢者が連日救急車で運ばれるという出来事もあり、前自治会長の楠隆圭さんらがサポート隊を発案し、2015年4月に発足した。

 2年目に入った見守り活動。訪問対象者ごとに担当を決めているためコミュニケーションが深まり、情報交換もスムーズになっているという。定期発行している活動誌の影響もあって、住民間での認知度も上がってきているそうだ。

 今後は専門家を招いた勉強会を通じ、介護保険制度改正などについて理解を深めていく予定だ。斎藤さんやメンバーは、「『お願いします』『ありがとう』と声を掛けてもらえるのが嬉しくてね。これからも力を合わせながら活動を続けていきたい」と抱負を話していた。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク