座間版 掲載号:2017年2月17日号 エリアトップへ

かながわ駅伝 座間市は20位 三田主将が区間賞

スポーツ

掲載号:2017年2月17日号

  • LINE
  • hatena
2区を走る山本裕二選手(亜細亜大)
2区を走る山本裕二選手(亜細亜大)

 第71回市町村対抗かながわ駅伝競走大会(主催allかながわスポーツゲームズ実行委員会ほか)が2月12日に行われ、座間市代表チーム(赤羽孝秀監督)は30チーム中20位だった。

 県内の各自治体がチームを編成して争う大会で、横浜市が昨年に引き続き優勝し、連覇を達成した。

 秦野市カルチャーパークから県立相模湖公園までの51・5Kmを7区間に分けて行われた大会。座間市は昨年19位で、今年は一桁順位を目標に掲げていた。

 1区は18位だった座間市だったが、3区でキャプテンの三田眞司選手(国士舘大)が区間賞となる快走を見せ、順位を3位まで上げた。しかし、選手たちの体調不良などにより急きょ走る区間を変更し、4区の吉田香澄選手(松蔭大)以外は、初めてのコースを走ることなどが影響し、昨年から順位をひとつ落とし、総合20位でゴールした。

 赤羽監督は「若い選手が多く、経験不足や自己管理の甘さなどが厳しい結果を招いた。この経験を生かし、さらに選手層を厚くして、来年は好成績を収めたい」と話した。

 市では4人目となる区間賞を記録した三田選手については「故障を抱えており、(走りやすい)3区に変えた結果。三田主将の実力であれば、妥当な成績だと思います。責任を持って最後まで走ってくれました」と主将の激走をねぎらった。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク