座間版 掲載号:2017年4月28日号 エリアトップへ

凧文字は「稀風」 相武台在住、石岡さん考案

文化

掲載号:2017年4月28日号

  • LINE
  • hatena

 鮮やかな赤色と緑色の文字で大凧に描かれる凧文字。右上の赤文字が「太陽」を表し、左下の緑文字が「大地」を表している。文字は市民からの公募で決められており、今年は石岡武さん(相武台在住)が考案した「稀風(きふう)」に決定した。

 日本出身の力士で19年ぶりに横綱昇進を果たした稀勢の里関にちなんだものが選ばれた。考案者の石岡さんは「大凧も稀に吹く勢いある風を受け止めて、空高く舞い上がってほしい」という願いを込めたという。

子どもたち中心に文字書き

 恒例の文字書き作業は15日、座間小学校で行われた。大凧保存会の会員のほか、公募で選ばれた小学生やボーイスカウトなどの地域住民が参加し、色を染めていった=写真。同会の近藤会長は「座間の伝統を知ってもらうため、子どもたちには毎年参加してもらっている。地域の方々と協力して作っている」と話していた。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク