座間版 掲載号:2017年11月24日号 エリアトップへ

成光学園 駅伝、男子チームが準優勝 女子の部は10位

スポーツ

掲載号:2017年11月24日号

  • LINE
  • hatena
トロフィーなどを掲げる選手や同学園関係者
トロフィーなどを掲げる選手や同学園関係者

 神奈川県にある児童養護施設などで暮らす子どもたちが健脚を競う第50回児童福祉施設駅伝競走大会(主催/県児童福祉文化体育協会)が11日に行われ、緑ケ丘の児童養護施設「成光学園」の男子チームが準優勝に輝いた。

 同学園が出場したのは児童の部で、小・中・高校生6人がチームを組み、1区間2・4Km、全長14・4Kmをたすきで繋ぐ。オープン参加をのぞき、児童の部は20チームが出場した。

 同学園は、2012年に大会史上初の6連覇を達成したこともある県内有数の強豪校だ。昨年は前年の雪辱を果たし、優勝に輝いたこともあり、追われる立場で臨んだ大会となった。

 2区の小林琉稀君(小4)が区間賞の走りを見せ、2位でたすきを繋いでいった同学園。アンカーの鎌田涼斗君(高2)が区間賞を獲得したものの、優勝した子どもの園(茅ヶ崎)に1分29秒及ばず、2大会連続の優勝を逃した。

 チームを率いた中村誠監督は「昨年優勝したので連覇をしたいと8月下旬ぐらいから練習してきたが、優勝した相手が強かった。しかし、6人全員が練習した以上の走りが出来たので良かった。また新たな目標ができました」と大会を振り返った。同日に行われた県児童福祉施設女子駅伝大会女子の部に出場した同学園は10位だった。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク