座間版 掲載号:2017年12月15日号 エリアトップへ

(PR)

シリーズ全3回その1 高齢期の暮らしと介護まで見据えた住まいを考える 取材協力/コンチェラート相武台

掲載号:2017年12月15日号

  • LINE
  • hatena

あなたはこれからどこに住みたいですか

 高齢者の暮らしや住まい、受けたい生活支援や介護は、その人の希望や状況によりさまざま。家族の状況も、近くに住んでいたり遠方だったりと、色々な場合が考えられる。「今後の暮らしはどうする?」「住まいは?」「もし介護が必要になったら?」。自分だけでなく配偶者、子などの家族にとって、早めに準備することで、将来の選択肢を広げることができるのではないだろうか。

「自分の家で暮らす」か「高齢者向けの住宅・施設に移り住む」か

 高齢期の住まい方は、大きく分けてこの二つ。「自宅で暮らす」場合は、環境を変えずに本人が最も安心して住めるなどのメリットがある。一方、一人暮らしの場合は、万が一の際に気づかれない、家族の負担が増える可能性があるなどの心配ごともあるだろう。

 この不安や心配に対するサービスが居宅介護支援、訪問看護、訪問介護、訪問診療、また日帰りでのデイサービスやデイケア、短期入所のショートステイなどとなる。自分の希望や必要なサービスを選び、受けることができる。また厚生労働省はこれを一体的に提供する「地域包括ケアシステム」の構築を目指している。

住み慣れた地域で自分らしい暮らしを

 諸外国に例を見ないスピードで高齢化が進む日本。生活支援や介護の必要な人が増える一方、働き手の不足などにより、サービスを十分に受けることができなくなったり、高齢者住宅は簡単には増えず、入居が難しくなる可能性もある。

 厚生労働省は、第一次ベビーブームの団塊世代である約800万人が75歳以上の後期高齢者となる2025年(平成37年)を目途に「地域包括システム」の構築を目指している。「医療」「介護」「予防」「住まい」「生活支援」の五つを一体的に提供し、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを最期まで続けることができるように、というものである。(1月5日号に続く)

コンチェラート相武台 

相模原市南区相武台団地2丁目3-9

TEL:0120-600-982

http://www.kjk-soubudai.com/

座間版のピックアップ(PR)最新6

住まいを快適化

無料相談

住まいを快適化

2月8日(土)9日(日) さがみ野で

1月31日号

軽減税率制度の疑問を解決

消費税引き上げ

軽減税率制度の疑問を解決

事業者向けの無料相談会

1月24日号

”やせて太らない”ための食事法をレクチャー

40歳以上の方のための「健康ダイエット」教室

”やせて太らない”ための食事法をレクチャー

すでに7000人以上の女性が習得

1月10日号

利用しやすい「地域型病院」づくり

利用しやすい「地域型病院」づくり

取材協力/座間総合病院 渡病院長に聞く

1月1日号

お正月から家族でわいわい絶品の石窯焼きピザを堪能

オールドヒッコリー

お正月から家族でわいわい絶品の石窯焼きピザを堪能

一年の始まりはヒッコリーで乾杯!

1月1日号

柳家あお馬勉強会

座間高校出身

柳家あお馬勉強会

1月25日(土) ハーモニーホール座間

12月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク