座間版 掲載号:2017年12月15日号 エリアトップへ

座間総合病院 消防が連携し勉強会 共通認識深める

社会

掲載号:2017年12月15日号

  • LINE
  • hatena
約60人が参加した
約60人が参加した

 座間総合病院で12月10日、同院と座間消防署が合同で「第1回救急症例検討会」を行った。

 この日は、医師や救急隊ら約60人が参加。アナフィラキシーショックやDNR(心停止時に心肺蘇生をしない事)など、過去にあった救急搬送の症例を題材に挙げ、病院、消防の両者の意見を交換し合い、共通認識を深めた。

 渡潤病院長は「救急ワークステーションを置く当院として、救急隊との連携は必要不可欠。こうした勉強会を通して、意思の疎通をしっかりと図っていきたい」と話した。

 一方、消防署では「現場の踏み込んだ意見を交わせる貴重な機会だった。ぜひ2回目、3回目と開催できれば」と感想を述べた。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク