座間版 掲載号:2017年12月15日号
  • LINE
  • hatena

座間総合病院 消防が連携し勉強会 共通認識深める

社会

約60人が参加した
約60人が参加した
 座間総合病院で12月10日、同院と座間消防署が合同で「第1回救急症例検討会」を行った。

 この日は、医師や救急隊ら約60人が参加。アナフィラキシーショックやDNR(心停止時に心肺蘇生をしない事)など、過去にあった救急搬送の症例を題材に挙げ、病院、消防の両者の意見を交換し合い、共通認識を深めた。

 渡潤病院長は「救急ワークステーションを置く当院として、救急隊との連携は必要不可欠。こうした勉強会を通して、意思の疎通をしっかりと図っていきたい」と話した。

 一方、消防署では「現場の踏み込んだ意見を交わせる貴重な機会だった。ぜひ2回目、3回目と開催できれば」と感想を述べた。

座間版のローカルニュース最新6件

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

手づくり文化展

手づくり文化展

ハーモニーホール座間

3月1日~3月3日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク