座間版 掲載号:2018年2月9日号 エリアトップへ

目標はトップテン入り かながわ駅伝座間チーム

スポーツ

掲載号:2018年2月9日号

  • LINE
  • hatena
5年ぶりのトップテンを狙う選手たち=29日、座間市役所
5年ぶりのトップテンを狙う選手たち=29日、座間市役所

 県内19市11町の代表選手がタスキをつなぐ「市町村対抗かながわ駅伝競走大会」に向け、座間市代表チーム(赤羽孝秀監督)の結団式が1月29日、座間市役所で行われた。

 今回で72回目となるかながわ駅伝(主催/allかながわスポーツゲームズ実行委員会ほか)。秦野市カルチャーパークをスタートし県立相模湖公園までの51・5Kmを7人でタスキをつなぐ。2月11日(祝・日)、午前9時スタート。

 今年はエントリー11人のうち初挑戦は4人。主将としてチームをまとめるのは6度目の参加となる三田眞司選手(国士舘大4年)。「メンバーが大きく変わり、力が上がった。流れが良ければ10位以内を狙える。主将としての走りでチームを引っ張りたい」と意気込む。

 赤羽監督は「目標はトップテン入り。選手は責任を持って走り切ってくれると確信している」を話し、大会当日は、前半にスピードのある選手、後半に持久力のある選手を配し、2区・3区でどれだけリードを保てるかがカギという。座間市の過去最高成績は2013年の8位。

 エントリー選手は次の通り(敬称略)。三田眞司、山本裕二(亜細亜大2年)、土佐野岬(桐蔭横浜大1年)、小林亨輔(座間市陸協)、〇坂元航太(早稲田実業高校2年)、向井健悟(座間中3年)、飯田勇希(座間市陸協)、田貝英明(同)、〇小川芳野(座間南中2年)、〇志村紘佑(栗原中2年)、〇松原由衣華(座間南中2年)※〇印は初挑戦。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク