座間版 掲載号:2018年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

鳥の目で情報を収集 市内企業 市にドローン寄贈

社会

座間市庁舎市長応接室で寄贈された小型無人飛行機ドローンを操縦する座間市消防署員(中央)=6月29日
座間市庁舎市長応接室で寄贈された小型無人飛行機ドローンを操縦する座間市消防署員(中央)=6月29日
 座間市消防本部に2台目となる小型無人航空機ドローンが6月29日、寄贈され、座間市庁舎内市長応接室で式典が行われた。

 寄贈者は株式会社ファーストKカオカオ事業部(臼井宏樹代表)。同事業部は東日本大震災支援のチャリティイベントなどを開催し続けて、寄付金を募ってきた。

 座間市は寄贈されたドローンを消防本部に配備し、災害時の実態把握・情報収集などに活用していきたいとしている。

 寄贈式当日は、消防署員によるドローン飛行のデモンストレーションが市長応接室内で行われた。風を切る強い音とともに浮いたドローンはホバリングし機種を左右に動かしながら、機体の下についているカメラで正確に出席者の顔を撮影していた。

座間版のローカルニュース最新6件

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク