座間版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

全編「綾瀬」作品が実現 地域発信型映画

文化

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena
会見した堤下敦さん(左から2人)ら
会見した堤下敦さん(左から2人)ら

 座間市のお隣“綾瀬市”を舞台に、全編撮影された短編映画『ルーツ』の制作発表会見が1月15日、綾瀬市役所で行われ、渋谷悠監督、メインキャストでお笑い芸人の堤下敦さん(インパルス)、チャド・マレーンさん、女優の川村ゆきえさんらが顔を揃えた。

 作品は、株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー(CA)が主催する「沖縄国際映画祭」のプログラムの「地域発信型映画」の一つで、毎回全国から10市町村ほどが出品されている。映画制作は、綾瀬ロケーションサービスとよしもとCAなどで映画製作実行委員会を構成して行われ、1月12日から15日にかけて栄和産業や文化会館など市内各地で撮影、綾瀬市民約120人が協力した。

 作品は4月に沖縄で開催される沖縄国際映画祭で上映された後、地元で凱旋上映が行われ、その後インターネットなどで配信される予定。

 制作発表は和やかなムードに包まれた。

 脚本も担当した渋谷監督は豚ロケ隊とのヒアリングの様子を紹介。「地元の人たちが見せたい、誇りに思う部分と、映画の題材として他の市と違う魅力的な部分が違ったので、推薦された場所を『NO』というのが心苦しかった。ただPR動画を作るのではなく、題材に綾瀬を選んだ理由が詰まった映画になったと思う」と自信をのぞかせた。

 横浜生まれの堤下さんは、「市民の方が、東京の綾瀬と間違われることが多いエピソードを聞かされたので、この映画を通して神奈川・綾瀬をPRしたい」と力を込めた。

2・3シンポに堤下さん・川村さん

 2月3日(日)にオーエンス文化会館大ホールで開催の第5回綾瀬ロケーションサービスシンポジウムには、堤下さん、川村さんらも参加する。

座間版のローカルニュース最新6

異文化に触れよう

異文化に触れよう 文化

2月9日 国際交流フェス

1月31日号

20年前から熱い気持ちで

20年前から熱い気持ちで 社会

時を超えて再度インタビュー

1月31日号

老人クラブで防災講話

老人クラブで防災講話 社会

石川さん、具体例交え

1月31日号

小学生以下にプレゼント

ラグビーボール2019個

小学生以下にプレゼント スポーツ

2月2日(日)三ツ沢球技場で

1月31日号

男声合唱の世界へ

男声合唱の世界へ 文化

座間男声合唱団定演

1月31日号

地元の力になろう

地元の力になろう 社会

災害VCスタッフ養成講座開催

1月31日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク