座間版 掲載号:2013年9月13日号

「ざまご当地モデル」をプロデュースする

藤木 徹治さん

小松原在住 42歳

心に座間の「青写真」

 ○…新たな物事に出会うたび、アイデアが泉のように湧いてくる。ひとたび湧いたアイデアは頭の中で成長し、いつの間にか地域を巻き込む一大事業になることも。5月には、地元の女性で座間の活性化を図る「ざまご当地モデル」事業を開始。7人の所属モデルとともに座間の商店や施設を回り、先月には遠藤三紀夫市長への表敬訪問も果たした。「座間は広くないけれど、凄い人材が集まっている」。人の繋がりを頼りに、発想は次々と形になる。

 ○…新潟市出身。高校時代から人を被写体にした写真を見るのが好きだったという。就職を機に上京し、印刷会社、システム開発会社を経て独立した。現在の本業はカメラマンだが、頼まれれば看板やチラシのデザインなど何でもこなす。「異業種を渡り歩いたけれど、全ての経験と人脈が今に生きている」。近所の居酒屋の看板や街中のポスター、何気なく目にする身近な風景の中に、その足跡を残している。

 ○…仕事と趣味の垣根が非常に低く、100%プライベートな時間は殆どない。「好きを仕事にしているから、苦にはならないですね」。わずかに空いた時間には相棒のカメラとともに自転車にまたがり、写真を撮りに行く。「結局仕事になっちゃうことも多いですけれど…」。一番楽しいのは人の表情を切り取る瞬間。「その人によって、その人らしい表情やしぐさがある。笑顔が似合う人、渋い顔が似合う人」。そんなベストショットを求めて、カメラを構え続けている。

 ○…いつも冷静に見えるが、その反面胸中に描く夢は大きい。「ゆくゆくは座間で東京ガールズコレクションのようなファッションフェスタを開催したい」。ご当地モデルは、そのための第1歩だ。「地元に拠点がある大企業も巻き込んで、座間と言えば美人の町と言われる仕掛けづくりをしたいですね」。挑戦したいことは尽きず、時間はいくらあっても足りない。
 

座間版の人物風土記最新6件

松下 孝治さん

1月22日にたたき初め大会を開く座間市祭囃子保存連絡協議会の会長を務める

松下 孝治さん

1月20日号

竹之内 優さん

座間市成人式で成人の誓いを述べた

竹之内 優さん

1月13日号

竹田 陽介さん

(一社)座間青年会議所の理事長に就任した

竹田 陽介さん

1月1日号

田村 香織さん

スペシャルクリスマス会を企画したActive Zama Internationalの代表を務める

田村 香織さん

12月16日号

マーヴィン・カードーさん

12月16日・17日にクリスマスコンサートを開く在日米陸軍軍楽隊の隊長

マーヴィン・カードーさん

12月9日号

斎藤 光雄さん

開館20周年を迎えた相模が丘コミュニティセンターの管理運営委員長を務める

斎藤 光雄さん

12月2日号

関連記事(ベータ版)

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

目久尻川を楽しく歩こう

目久尻川を楽しく歩こう

寒川スタートし、上流へ

12月2日~12月2日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク