多摩版 掲載号:2018年7月5日号
  • googleplus
  • LINE

音訳のボランティアを 養成講座を開講 参加者募集

社会

 「多摩市音訳グループ繭」では現在、音訳ボランティア新人養成講座の参加者を募集している。

 活字を読むことが困難な人の代わりになって、文字や写真・図・表などを音声化する「音訳」。講座では、音訳の基礎・知識・技術等を学ぶ。全5回で事前説明会もあり。○事前説明会・7月20日「音訳についての説明」【1】9月14日「滑舌(発音・発声)・音訳の歴史・ボランティアとは」【2】9月21日「音訳の種類・DAISY図書を聞いてみよう・音訳と朗読の違い」【3】9月28日「アクセント・イントネーション」【4】10月5日「写真・グラフなどの説明・『読み』について【1】」【5】10月12日「『読み』について【2】」。いずれも金曜日で、時間は午前10時〜正午。会場は永山公民館を予定。

 対象は、事前説明会を含め、全回出席でき音訳ボランティアとして活動できる人。定員は15人(申込み先着順)。費用は1000円(資料代他)。

 参加希望者は7月15日(日)までに申込みを。申込み・問い合わせは同グループ【電話】・【FAX】042・339・3063(【電話】は火曜日午後1時〜4時)、【メール】tamamayu8@nifty.comへ。

多摩市 多摩市音訳グループ繭「視覚障がい者のための音訳ボランティア新人養成講座」

2018年7月20日〜

10:00開始 〜 12:00終了

事前申込みが必要:締切は7月15日

東京都多摩市永山1-5

費用:1000円

問い合わせ先:多摩市音訳グループ繭

TEL:042-339-3063

MAIL:tamamayu8@nifty.com

多摩版のローカルニュース最新6件

多摩版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

伝統の技を間近で

伝統の技を間近で

7月30日・31日 伝承文化教室

7月30日~7月31日

多摩版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月5日号

お問い合わせ

外部リンク