座間版 掲載号:2012年1月13日号
  • googleplus
  • LINE

キャンプ座間返還予定地 消防本部が移転か 市が跡地利用構想の見直し可否を国に打診

社会

道路を挟んで向かい合う返還予定地と消防本部
道路を挟んで向かい合う返還予定地と消防本部

 座間市は12月26日に開かれた「キャンプ座間に関する協議会」で、返還が予定されている土地について、病院誘致などを盛り込んだ従来の構想案に、市消防本部の建設を追加することが可能かどうかを国に打診した。国からは「見直し案を提示して欲しい」との回答があり、市では計画の見直しを検討する考えだ。

 キャンプ座間の返還予定地は、市民体育館の南側に位置する土地で、広さは約5・4ヘクタール。市は跡地の利用構想を2010年に策定しており、スポーツと健康の森」をコンセプトに病院、公園、陸上自衛隊家族宿舎などの建設を計画していた。

 市消防本部は、主要地方道町田厚木線を挟んで、返還予定地の反対側に位置している。1970年に建設されており、現在は老朽化が進んでいるため、市では2015年度までの建て替えを計画していた。計画では本部敷地内での新設を予定しているものの、土地が狭く傾斜していたり、建て替えに伴う通常業務への影響などが懸念されている。

 返還予定地で庁舎の建設を進めた場合、建て替え時に通常業務がスムーズに行えること、構想に含まれる病院との連携が図りやすいなどのメリットがある。

関連団体との報告・協議へ

 市は、26日の協議を受けて翌27日に、市議会や自治会、各種団体の市民で構成される任意団体「市基地返還促進等市民連絡協議会」に内容を報告した。今後は、市の付属機関である「市基地返還促進委員会」への報告などを経て、見直しを検討するという。

 返還に向けては、日本政府と米国の間で条件の協議が行われる。まだ、時期は決まっていない。

 問い合わせは市特定政策推進室【電話】046・252・8307まで。
 

1970年に建設された庁舎
1970年に建設された庁舎

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

太公望にんまり アユ活況

指導者でパラ五輪めざす

三田村宗明さん(座間在住)

指導者でパラ五輪めざす

6月1日号

ヒマワリで新名産品を

自宅を「プチ美術館」に

河本慶子さん

自宅を「プチ美術館」に

5月25日号

保全活動、着実に前進

座間のホタルを守る会

保全活動、着実に前進

5月18日号

合同チームで県央V

座間・東中男子バレー

合同チームで県央V

5月18日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク