座間版 掲載号:2012年11月23日号
  • googleplus
  • LINE

ママさんバレー座間小 粘り強さで日本一へ 県5連覇を自信に、全国に挑戦

スポーツ

常に挑戦者として試合にのぞむ選手たち
常に挑戦者として試合にのぞむ選手たち

 座間小学校の学区に住む母親のバレーボールチーム「座間小」(野島美恵子監督/中村奈歩キャプテン)が、12月4日(火)から愛知県で開催される「第2回全国ママさんバレーボール冬季大会」に出場する。座間小は今年、神奈川の大会を5連覇しており、持ち前の粘り強さで初の全国制覇を狙う。

 15人が所属する座間小は、週2回西中学校で活動している。今年は、3月の「やまゆり杯・小田急旗争奪 県家庭婦人バレーボール大会」で初優勝すると、「コカコーラ・セントラルジャパンカップ県ママさんバレーボール春季大会」、「全国ママさんバレーボール大会・県予選会」、冬の全国大会の県予選、そして「県ママさんバレーボール秋季大会」と、県のタイトルを次々と獲得してきた。5連覇は県央地区では初、県内でも珍しいという。

 快進撃を支えたのは、「接戦をものにする粘り強さ」(中村キャプテン)。圧倒的な強さで5連覇したわけではなく、シーソーゲームが数多くあったという。7、8点差つけられる試合もあったが大逆転で勝利。この積み重ねが、劣勢でも折れない心と粘り強さをもたらした。さらに、中村キャプテンが「常に挑戦者。1戦1戦勝つだけです」と話すように、強いチャレンジ精神も優勝の原動力となった。

2度目の全国

 全国大会は4日から7日(金)まで愛知県の一宮で開かれる。対戦相手はまだ決まっていない。

 座間小が全国に挑戦するのは2回目。初出場だった7月の大会は、1回戦で山梨県のチームにストレート負けを喫した。今回はアタッカー4枚による多彩な攻撃と高いブロック力、そしてメンタルの強さで勝利を目指す。

 部長の芥川裕子さんと鈴木久美子さんはともに「優勝を目指します」と抱負を話す。菅原絵利さんは「皆でボールをつなぎながら、理想とするコンビバレーを披露したい」と意気込む。チームをまとめる中村キャプテンは、「7月の大会は力を出し切れず終わってしまいました。今回はすべての力を出し切って優勝したいです」と力強く語った。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

太公望にんまり アユ活況

指導者でパラ五輪めざす

三田村宗明さん(座間在住)

指導者でパラ五輪めざす

6月1日号

ヒマワリで新名産品を

自宅を「プチ美術館」に

河本慶子さん

自宅を「プチ美術館」に

5月25日号

保全活動、着実に前進

座間のホタルを守る会

保全活動、着実に前進

5月18日号

合同チームで県央V

座間・東中男子バレー

合同チームで県央V

5月18日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク