座間版 掲載号:2012年12月21日号
  • googleplus
  • LINE

ざま再発見写真コンテスト 「深まる秋」が最優秀賞 入谷の吉田亘廣(もとひろ)さんの作品

文化

霧に包まれた幻想的な作品
霧に包まれた幻想的な作品

 座間の風景や文化を題材にした「第8回ざま再発見写真コンテスト」の審査結果が12月11日に発表され、吉田亘廣さん(72歳/入谷)の「深まる秋」が最優秀賞に選ばれた。

 同コンテストは、市と市写真連盟の協働事業として行われている。座間の魅力を収めた写真を通じ、郷土心を育む狙い。今年は42人から274点の応募があった。審査は、国内のコンテストなどで活躍する高橋義一さんが行い、最優秀賞1点、優秀賞2点、入選12点が決まった。

 「深まる秋」は、相模川グラウンド周辺で撮影されたもの。あたり一面に立ち込める霧が、幻想的な雰囲気をかもし出している。吉田さんが「見た人が『本当に座間なの?』と思うような写真」と説明するように、市職員でも場所を特定できなかったという。

光と影、カメラに

 定年退職してから、カメラに熱中するようになった。主なフィールドは、田園風景が広がる四ツ谷や新田宿、県立座間谷戸山公園など。愛用のバイクで出かけ、「光と影」をコンセプトに朝もやや夕焼けをファインダーに収めてきた。同コンテストの最優秀賞は3回目で、「ざま再発見写真コンテストのコンセプトは、自分の撮影活動とマッチしていると思う。受賞できてうれしい」と喜んだ。

 応募作品は来年1月23日(水)から27日(日)までハーモニーホール座間で展示される。市生涯学習課【電話】046・252・8476。
 

三度目の栄冠となった吉田さん
三度目の栄冠となった吉田さん

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版のトップニュース最新6件

太公望にんまり アユ活況

指導者でパラ五輪めざす

三田村宗明さん(座間在住)

指導者でパラ五輪めざす

6月1日号

ヒマワリで新名産品を

自宅を「プチ美術館」に

河本慶子さん

自宅を「プチ美術館」に

5月25日号

保全活動、着実に前進

座間のホタルを守る会

保全活動、着実に前進

5月18日号

合同チームで県央V

座間・東中男子バレー

合同チームで県央V

5月18日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク