座間版 掲載号:2013年4月19日号
  • googleplus
  • LINE

市スポーツ文化振興財団 公益法人へ移行 4月1日から新体制に

財団が管理しているハーモニーホール(上)とスカイアリーナ。年間20万人超の利用がある
財団が管理しているハーモニーホール(上)とスカイアリーナ。年間20万人超の利用がある

 ハーモニーホール座間やスカイアリーナ座間の指定管理者を務める「座間市スポーツ・文化振興財団」(遠藤三紀夫理事長)が、事業の公益性が認められ、4月1日付けで財団法人から公益財団法人に移行した。

 同財団は1994年に設立され、ハーモニーホールやスカイアリーナの指定管理者として、スポーツ教室やコンサートなどを主催している。

 移行は、2008年12月に新しく制定された公益法人制度に伴うもの。新制度によって、従来の財団法人は2013年11月までに、「公益財団法人」か「一般財団法人」への移行が求められていた。

 2008年から準備していた同財団は、昨年10月に県に移行を申請した。公益事業の割合、収入と費用のバランスなどが審査された結果、今年3月19日に認定書が交付された。公益事業として認められたのは、教室や講習会によるスポーツ振興、芸術文化の創造に関連する2事業。

 認定されたことで、「公益財団法人」という名称を独占的に使用できるようになった。また税制上の措置も取られ、同財団への寄付金は所得税などの控除対象となるという。 

 同財団の佐藤修一事務局長は「4年かけて準備してきたことが実ってうれしい」と喜んでいた。

更なる発展に意欲みせる

 同財団が発表した事業概要(2011年度版)によると、ハーモニーホールでは市民参加型のワークショップ、音楽と演劇の公演など計67事業を行っている。スカイアリーナは、スポーツ教室、日本バスケットボールリーグの試合観戦など計62事業を実施。両館とも年間20万人以上が利用している。

 佐藤事務局長は「これまで以上に、芸術とスポーツの振興に努めていきたい」と話していた。
 

座間版のトップニュース最新6件

スマーナの中高生、来日

座間市国際姉妹都市

スマーナの中高生、来日

7月27日号

鈴鹿明神社の「夏」到来

通行人、着実に増加

相模が丘仲よし小道

通行人、着実に増加

7月20日号

雪辱誓い、いざ全国へ

座間高創作舞踊部

雪辱誓い、いざ全国へ

7月20日号

豪雨被災地へ支援を

災ボラ・社協市自連

豪雨被災地へ支援を

7月13日号

座間場所から3人、全国へ

わんぱく相撲

座間場所から3人、全国へ

7月13日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク