座間版 掲載号:2013年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

市ニュースポーツ普及推進協議会 河川敷に手作りコース 来春にオープンへ

スポーツ

整備を進めるメンバーたち
整備を進めるメンバーたち

 座間市でパークゴルフとターゲットバードゴルフのプレイ環境を充実させようと、「市ニュースポーツ普及推進協議会」が、4月から相模川沿いの「水と緑の風広場」でコースを作っている。来年4月のオープンを目指しており、6月24日には初の試し打ちを行った。

 今年4月に結成された同協議会。座間パークゴルフ同好会(伊関直光会長)、座間市ターゲットバードゴルフ協会(市川勇作会長)、河川敷で植栽活動を進める「花を咲かそうボランティアの会」(野島誠一郎会長)、この3団体のメンバーで構成される。協議会の会長は、市川会長が務める。

 同好会によると、市内にはパークゴルフ場がないため、会員は四ツ谷の広場で活動している。大会の時は、開成町のパークゴルフ場などを利用しているという。

 ターゲットバードゴルフは芹沢公園内にコースがあり、会員らはそこでプレイしている。しかし、会員数が増加しており、より多くの人が参加できるよう新コースが必要とされていた。

 こうした背景があり、今年2月、広場を管理する座間市にコースの計画を持ちかけて、整備がスタート。4月からホールの設定、草刈り、グリーン作りなどを行ってきた。同協議会と市は今後、コースの維持・管理に関する協定を結ぶ予定だという。

「楽しく健康維持」

 パークゴルフとターゲットバードゴルフで併用できるコース。9ホールで構成され、最長となる3番ホール(79m)にはグリーンもある。コース周辺には、花も植える計画。24日に試し打ちをしたメンバーは「地面に変化があって、ボールの動きを読むのが難しい。でも、それが楽しい」とうれしそうに話した。

 同協議会では今年10月にプレオープンさせ、来年4月に正式にスタートさせる考え。市川会長は「みんなが楽しく、健康づくりできるコースを作りたい」と話していた。問い合わせは市川会長【電話】046・255・1875。
 

初の試し打ち
初の試し打ち

座間版のトップニュース最新6件

スマーナの中高生、来日

座間市国際姉妹都市

スマーナの中高生、来日

7月27日号

鈴鹿明神社の「夏」到来

通行人、着実に増加

相模が丘仲よし小道

通行人、着実に増加

7月20日号

雪辱誓い、いざ全国へ

座間高創作舞踊部

雪辱誓い、いざ全国へ

7月20日号

豪雨被災地へ支援を

災ボラ・社協市自連

豪雨被災地へ支援を

7月13日号

座間場所から3人、全国へ

わんぱく相撲

座間場所から3人、全国へ

7月13日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

結成30年の歌声を

結成30年の歌声を

『全休符』が記念演奏会

8月12日~8月12日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク