座間版 掲載号:2014年10月31日号 エリアトップへ

市消防団第3分団 「集大成」で日本一狙う 初の全国操法いよいよ

スポーツ

掲載号:2014年10月31日号

  • LINE
  • hatena
激励の集いでは、息のあった演技をみせた
激励の集いでは、息のあった演技をみせた

 7月の「県消防操法大会」で優勝した座間市消防団第3分団(段谷(だんたに)比呂之分団長)が、いよいよ11月8日(土)、座間市として初となる全国大会に挑む。10カ月に及ぶ練習の「集大成」を、未知の大舞台で見せることができるか――。悲願の「全国制覇」に期待がかかる。

 「全国消防操法大会」は、東京臨海広域防災公園(江東区)で開催。ポンプ車操法と小型ポンプ操法の2部門で、都道府県代表が競う。

 第3分団が出場するポンプ車操法は、指揮者を含めて5人が一体となって操法を行う。放水ホースを使い、火点と呼ばれる的を倒すまでのタイム、行動の規律性や正確性などが審査される。大会は午前9時から始まり、第3分団は午前10時20分〜30分頃に登場する予定。

若さ活かしたスピードで

 東原や栗原中央などを管轄する第3分団。現在は58人の団員が、それぞれの本業をこなしながら、地域防火・防災に尽力している。

 市内には分団が5つあり、県操法大会(隔年開催)に順番で出場している。2014年代表の第3分団は、「全国出場」を目標に1月から始動し、体力錬成や操法技術向上に努めてきた。県大会では高得点を叩きだし、初の全国行きを決めた。

 「スピードが大きな武器」と語るのは、市消防本部第2警備課の落合勝男課長(56)。今年は2人の大学生を含めた「若い力」を軸に、スピードにこだわってきたそうだ。時間短縮はもちろんのこと、1つ1つの動きを「キビキビ」と行うことで、審査員に与える「速さの印象値」も伸ばした。

 火点を倒すまでの時間は、第1線、第2線ホースともに基準が設けられており、同分団はそれを5秒ほど上回る。前回(2012年)の全国優勝チームと比べても遜色ないレベルだという。スピードに加え、行動の規律性にも磨きをかけて、初優勝を狙う。

激励の集い

 10月25日には、「激励の集い」が、ひばりが丘小学校で行われ、来賓や一般客が来場した。選手が練習で培った操法技術を披露すると大きな拍手が贈られた。

 遠藤三紀夫市長は「規律正しく節度ある演技を披露していただき、とりはだが立ち胸が震えた」と述べ、「『座間市消防団ここにあり』という姿を全国に発信して欲しい」と期待を込めた。県消防協会の安田正命会長は、「無の境地で、訓練通りの成果を発揮して下さい」とエールを贈った。

 指揮者を務める高波貴志さん(35)は「初出場で初優勝が目標。団員が楽しみながら操法できるよう、緊張をほぐしていきたい」と意気込む。段谷分団長(42)は「座間市の消防に関わる全ての人の想いを受け止め、『集大成』となる演技を見せたい。全国大会でも、県操法に続いて初となる『優勝』を狙います」と力強く語った。

必勝を期す、消防関係者
必勝を期す、消防関係者

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク