座間版 掲載号:2015年2月6日号 エリアトップへ

かにが沢公園鯉のぼり 16回目の掲揚に暗雲 ロープ固定の桜使えず

教育

掲載号:2015年2月6日号

  • LINE
  • hatena
かにが沢公園の北側で掲揚している※写真は昨年
かにが沢公園の北側で掲揚している※写真は昨年

 子どもたちの健やかな成長を願い、市民有志が2000年から続けている、かにが沢公園(緑ケ丘)での鯉のぼり掲揚――。16回目の今年、鯉のぼりを吊るすロープを巻く染井吉野の空洞化が明らかになり、掲揚が危ぶまれている。主催の「かにが沢鯉のぼり実行委員会」は「恒例行事を途絶えさせたくない」と、代替案を模索中だ。

主催者「存続、諦めない」

 「公園は、鯉のぼりを掲げる最高の場所。長い間続けて市民にも定着している。まさか、こんな事になるとは」と頭を抱えるのは進藤敏行委員長。発足から携わり、約10年前からは委員長として中核を担ってきた。

 取り組みは、2000年にスタート。市民提供の鯉のぼりなどを、毎年4月下旬から5月上旬にかけて揚げている。場所は、園内北側の子ども広場近く。管理者である市の許可のもと、窪地となっている砂場の上空10mにロープを渡して、鯉のぼりを吊るす。全長80m近いロープを固定するのが、東西両端の染井吉野だ。幹の保護カバーを付けた上で、ロープを何重にも回して固定する。「子ども広場からは、目線と同じ高さで鯉のぼりが泳ぐ姿を見ることができる。それが自慢だった」と進藤委員長は話す。

代替場所 探す

 幹の空洞化が明らかになったのは、東側の染井吉野。市が昨年末に樹木医の診断を受けたところ、推定樹齢60〜80年の老木で、これまでと同じ方法での掲揚が難しいことが判明した。

 委員会はこれを受け先月30日、臨時会議で代替案を話し合った。桜の代わりにロープを巻く設備を整えることを検討したが、予算確保が難しく、設置認可や工事の点からも4月に間に合わせることは困難だという。現在は別の場所を市内で探しているものの、「かにが沢公園のように『高さ』と『広さ』を兼ね備えた場所は無いのでは」と進藤委員長は話す。

 残された時間は3カ月弱と短い。それでも、「揚げていない鯉のぼりが、10匹以上残っている。規模を縮小してでも、どうにかして大空を泳がせてあげたい」と16回目の掲揚を諦めていない。

座間版のトップニュース最新6

公共施設再整備案を公表

座間市

公共施設再整備案を公表 社会

各地説明会後パブコメ

10月11日号

アライグマ捕獲年々増加

アライグマ捕獲年々増加 社会

生態系に多大な影響

10月4日号

「認知症は生活習慣病のうち」

特別企画

「認知症は生活習慣病のうち」 社会

「全市民規模で」見守る

10月4日号

10月から新運行開始

コミュニティバス

10月から新運行開始 社会

病院アクセスしやすく

9月27日号

「人が来る理由をつくる」

「人が来る理由をつくる」 社会

座間駅前で新イベント

9月27日号

容態別に支援を一覧化

簡易版認知症ケアパス

容態別に支援を一覧化 社会

初期〜寝たきりまで網羅

9月20日号

利用・購入は10月1日から

プレミアム付商品券

利用・購入は10月1日から 経済

「申請はお早めに」と呼びかけ

9月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

  • 3月23日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

楽しく介護予防

楽しく介護予防

ポールウォーキング体験会

11月6日~11月6日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

座間版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク