座間版 掲載号:2015年3月6日号 エリアトップへ

相模中合唱部 歌手・秋川さんと共演へ 本番1カ月前に「合同練習」

教育

掲載号:2015年3月6日号

  • LINE
  • hatena
秋川さんから直接指導を受ける生徒たち
秋川さんから直接指導を受ける生徒たち

 相模中学校(小西秀人校長)の合唱部の生徒らが、「千の風になって」などのヒット曲で知られるテノール歌手・秋川雅史さんと、3月28日(土)にハーモニーホール座間で開かれるコンサートツアーで共演する。本番1カ月前の先月27日には、同校で秋川さんと生徒たちの合同練習が行われた。

 秋川さんはコンサートで、地元合唱団などと共演している。この取り組みは東日本大震災の発災後、合唱曲「あすという日が」を地元住民と一緒に歌いたいと始まったもの。同曲は、詩人・山本瓔子(ようこ)氏の詩に作曲家・八木澤教司(さとし)氏が曲を付けたもので、震災の時に仙台市立八軒(はちけん)中学校の生徒が避難所で歌い注目された。秋川さんも2011年に同曲をリリースし、年末のNHK紅白歌合戦では歌手の夏川りみさんと熱唱していた。

 今回は、コンサートを主催する(公財)座間市スポーツ・文化振興財団を通じて市内中学校に打診があり、合唱部活動が盛んな相模中学校が出演することが決まった。当日は、1年から3年までの部員と有志の男子生徒およそ30人が、「あすという日が」と「千の風になって」を秋川さんと歌う。3月13日(金)に卒業する3年生にとっては合唱部としての最後の舞台だ。

 練習で秋川さんは、「肺に吸い込む空気の量で、声の伸びが変わる。たくさん息を吸い込むことが大切」と説明した上で、自ら実演。生徒は圧倒的な声量に驚きながらも、楽譜にそのアドバイスを書き込んでいった。最後に秋川さんは自身の中学時代を振り返って、「ともに合唱に取り組んだ仲間たちは一生の付き合いになる。これからも音楽を愛し続けて下さい」と呼びかけた。部長の入谷(いりたに)萌菜美さん(2年)は「残りの1カ月で練習を重ねて本番に臨みたいです」と意気込み、長谷部聖憲(あきのり)さん(3年)は「教わったことを活かして、もっと良い声が出せるようになりたい」と話していた。

 コンサートは28日の午後2時に開演。チケットなどの問い合わせは東京労音府中センター【電話】042・334・8471。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク