座間版 掲載号:2016年10月7日号 エリアトップへ

中学硬式野球座間ボーイズ 東日本大会、初出場へ 県ベスト4で切符掴む

スポーツ

掲載号:2016年10月7日号

  • LINE
  • hatena
市内中学生などが加入する※座間ボーイズより写真提供
市内中学生などが加入する※座間ボーイズより写真提供

 県内31チームが参加した「日本少年野球連盟 厚木大会」が9月から10月2日にかけて行われ、座間市の中学生らが所属する硬式野球チーム「座間ボーイズ」(松本秀一郎総監督)が攻撃力を武器にベスト4進出を果たした。この結果により、あす10月8日(土)から福島県で開かれる「日本少年野球東日本選抜大会」の出場権を初めて獲得した。

総合力の高さで勝負

 東日本選抜大会は、(公財)日本少年野球連盟の主催。東北や関東などから、各地区の予選を勝ち抜いた32チームが集まる。神奈川県は厚木大会が予選会を兼ねており、ベスト4が代表権を得る。

試合ごとにヒーロー

 座間ボーイズは2002年の創立。座間市や近隣自治体の中学生57人が所属する強豪で、今年3月には「第4回 DeNAベイスターズカップ」で初出場2位になっていた。夏からは板垣翔也主将をはじめとする2年生中心の構成で、試合に臨んでいる。

 事務局の牧原修平さんによると、「フルスイング」がチームの信条。強打を繋げて得点を積み重ね、相手を圧倒する戦い方を得意とするという。特定の選手に依存しない「総合力の高さ」も特徴で、複数のポジションをこなせる選手が多く、打順も調子によって変動する。「誰が出ても遜色ない。日替わりでヒーローがいる」と太鼓判を押す。

 厚木大会では、初戦から3回戦までに29得点と打線が爆発。それぞれの試合で牧原巧汰選手(2年)、水口颯汰選手(同)、森田統馬選手(同)が流れを引き寄せるヒットを放った。横浜泉中央ボーイズとの準決勝には敗れたもののベスト4に入り、念願だった東日本行きを決めた。

あす8日に初戦

 東日本選抜大会は8日から、トーナメント制で行われる。初戦の相手は、東北代表の宮城利府ボーイズ。

 座間ボーイズは10月末から始まる県大会での上位進出と、春の全国出場に向けて練習を積んでおり、今回の東日本大会は、大きな試金石になるという。牧原さんは「選手たちには一試合でも多く戦って、貴重な経験を積んで欲しい」と話していた。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク