座間版 掲載号:2016年12月9日号 エリアトップへ

道路損傷、スマホで通報 市が専用アプリ導入

社会

掲載号:2016年12月9日号

  • LINE
  • hatena
簡単な操作で、破損場所を通報できる
簡単な操作で、破損場所を通報できる

 座間市では、市内の道路損傷や漏水などについて市民から情報収集するためのスマートフォン向け無料アプリ「なおしてざまりん」を12月から公開した。迅速な補修や、施設の維持・管理に役立てる狙い。同様の事業は、相模原市に続いて県内2例目。

GPSで位置特定容易に

 このアプリは、市内の道路や水道の破損状況を、スマートフォンの写真撮影機能と、人工衛星を活用したGPS(位置情報計測システム)を利用し、市にメールで通報する仕組み。写真とGPSによって、現場の様子や位置を正確に把握できる。 

 市道路課によると、市には「舗装が破損して凹んでいる」「側溝が壊れている」「漏水している」といった道路や水道設備に関する情報が、電話などで年間およそ2500件寄せられているという。こうした状況を受け、より正確で細かい情報を集めるとともに、それらを蓄積することで今後の維持・管理に活かそうと、アプリを取り入れた。

 アプリは、相模原市の(株)アーバングラフィックが開発したもの。導入に伴う予算は制作費20万円、運用管理費として月額6万円。「App Store」や「Google Play」からダウンロードできる。担当職員は「市民に通報してもらうことで、行政の目が行き届かないような場所も素早く補修できるようになります」と話している。問い合わせは同課【電話】046・252・8564。

座間版のトップニュース最新6

交通拠点設置を目指す

相武台南口

交通拠点設置を目指す 社会

行政・地域協力し実現へ

1月31日号

花壇活動続けて20年

さがみ野

花壇活動続けて20年 社会

「孫誕生がきっかけで」

1月31日号

9年ぶりの頂点目指す

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

東海大相模 春の選抜出場

1月31日号

戦闘機「雷電」の部品発見

戦闘機「雷電」の部品発見 社会

所有者から市に寄贈

1月24日号

「凧」通して地域と交流

座間養護学校

「凧」通して地域と交流 社会

座間市大凧保存会と

1月24日号

3月6日オープン

市内初映画館

3月6日オープン 社会

最新鋭の映像機器導入

1月17日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月31日号

お問い合わせ

外部リンク