座間版 掲載号:2017年5月5日号 エリアトップへ

相模川の氾濫域が拡大 県が洪水浸水想定見直し

社会

掲載号:2017年5月5日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県はこのほど、相模川中流域の最大規模降雨量をこれまでより引き上げた洪水浸水想定図を公表した。座間市内は、相模川沿いの地域のほとんどが浸水すると想定されており、新田宿公民館では水深1・5mに達するとしている。

新田宿公民館、1・5m浸水

 洪水浸水想定図は、洪水時の避難経路の確保や浸水防止を行うことにより、水災による被害の軽減を図るためのもの。河川が氾濫した際に浸水が想定される区域と水深が示されている。

 今回の見直しでは、48時間の降雨予測量が2006年に定められた460㎜から567㎜に引き上げられた。県河川課によると、これは関東圏で実際に降った最大雨量の数字になっているという。同様の雨が降り、相模川が氾濫した場合の浸水区域は、流域にある11市町・約59平方キロメートルに及ぶと予測されている。

 想定によると座間市内では、四ツ谷・新田宿・座間のうち相模川と鳩川の間のエリア一帯が0・5m〜3mの浸水を受け、一部では3m〜5mに及ぶ地域も示されている。

 06年の公表では浸水しないとされていた新田宿公民館が水深1・5m、JR相模線相武台下駅(相模原南区)が同0・6mの浸水に変更された。入谷駅周辺は、鳩川を挟むため浸水エリアとして想定されていない。また、該当区域の浸水継続時間は半日から1日と予想されている。

座間市の対応は

 座間市は現在、防災対策総合ガイド等を通じて、市民に対して防災知識の普及・啓発に努めている。

 今回の公表を受け、市危機管理課は「今後、ハザードマップの更新等を計画的に実施していく」と話している。
 

座間版のトップニュース最新6

地域で困りごと解決

地域で困りごと解決 社会

相模が丘地区で団体結成 市内初

11月8日号

過去最高2位を獲得

県市町村 ゴルフ大会

過去最高2位を獲得 スポーツ

座間市チーム 個人も2位

11月8日号

子どもに安心の居場所を

子どもに安心の居場所を 社会

市内7カ所で学習・生活支援

11月1日号

「ゴミを救え」

「ゴミを救え」 社会

立小 遊びながら環境学習

11月1日号

憧れのプロへ夢“成”就

東海大相模遠藤 成選手

憧れのプロへ夢“成”就 スポーツ

阪神からドラフト指名

10月25日号

友好都市に物資運搬

座間市

友好都市に物資運搬 社会

19号被害の須賀川市に

10月25日号

「就労前の支援」が評価

はたらっく・ざま

「就労前の支援」が評価 社会

日本協同組合学会賞を受賞

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

座間版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク