座間版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

座間総高演劇部 振込め防止へ寸劇上演 座間ハイツで初の試み

社会

座間総合高校演劇部による寸劇
座間総合高校演劇部による寸劇
 市内入谷にある集合住宅「東建座間ハイツ」で2月3日、座間総合高校演劇部による「寸劇・オレオレ詐欺」が上演された。近年増加する振り込め詐欺の被害を防ぐためのもので、市内の集合住宅では初めての取組み。近隣住民ら59人が集い、犯人の巧みな手口を学んだ。

 座間ハイツでは一昨年から神奈川県と連携し、振り込め詐欺防止のため寸劇を企画している。これまでは県くらし安全交通課の職員が寸劇を上演してきたが、今回初めて座間総合高校演劇部に白羽の矢が立った。同課の黒須智紀さんは「地元の若い子がやることで連携も生まれる。演劇部のある座間総合高校の生徒にお願いしたかった」と話す。

 同部の生徒は昨年10月頃から練習を開始。県警が監修した台本を自分たちなりにアレンジし、コミカルな寸劇として仕上げた。

 当日はマンションの住人や地域住民ら59人が来場。寸劇を通じて、息子や銀行協会を騙る犯人が、言葉巧みに現金や通帳を騙し取る様を学んだ。

 同部の日吉一颯(かずさ)部長(2年)は「自分には関係ないと思っていたが、劇を通して身近で起こりうる事だと実感した。防犯寸劇が騙されないための一助となれば」と話した。

過去最悪の被害

 座間警察署によると、昨年市内で起こった振り込め詐欺を含む特殊詐欺の被害は、約1億6368億円と過去最悪。件数も52件とワーストを更新した。

 近年特に増加しているのが、キャッシュカードを騙し取るケース。大型有名デパートの職員を騙って「あなたのカードが悪用されている」と吹き込み、暗証番号とともに騙し取るという。

 今回の催しを中心となって企画した、座間ハイツ防災会の永松恕志さんは「具体例をわかりやすく演じてくれてよかった。一人でも多くの人に手口を伝え、被害を減らせたら」と話した。

座間版のトップニュース最新6件

新庁舎の運用始まる

市消防本部

新庁舎の運用始まる

2月16日号

3月16日開業へ

イオンモール座間

3月16日開業へ

2月16日号

初のJアラート訓練

MOA美術展で全国銅賞

相東小6年清遠元皓(きよとおもとあき)君

MOA美術展で全国銅賞

2月2日号

生涯学習続け30周年

高齢者学級あすなろ大学

生涯学習続け30周年

2月2日号

「事業承継の準備を」

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク