座間版 掲載号:2018年3月23日号
  • googleplus
  • LINE

みんなげんき元気 サロン10周年祝う 介護予防講座を継続

社会

みんなげんき元気の運営メンバー
みんなげんき元気の運営メンバー
 新田宿公民館で奇数月開催のサロンを運営する「みんなげんき元気」。設立10周年を迎え、節目の集いを3月13日に開いた。座間市介護予防ボランティア育成講座を修了したメンバーが中心となり、講師を招いて勉強会を開くなど意欲的に活動を継続。4月からは偶数月に体操中心の集いを開く予定で、隔月開催から毎月開催へと発展する。

 「みんなげんき元気」は、奇数月の第2火曜日に開かれている介護予防サロン。新田宿在住の桜井澄江さん(72)と吉瀬サハ子さん(74)が中心となり、2008年4月に立ち上げた。現在は10人のスタッフとともに運営している。

 きっかけとなったのは、座間市が開催した介護予防ボランティア育成講座。介護予防に必要な運動や口腔ケアなどを学んだ後、地域で実際にサロンを立ち上げるという課題が出された。初回は近隣住民を誘い、桜井さんの自宅に咲くフジの花を観賞。「ただ集まってお茶を飲むだけではつまらない」と、理学療法士を講師に招いた健康講座や、小物づくり教室を開催するようになり、近隣住民のお楽しみの場として定着した。

 3月13日に行われた集いには、31人が参加。この日は座間市介護保険課から理学療法士が講師として招かれ、椅子を使った体操を行った。桜井さんは「10年続くとは思っていなかったので、とても嬉しい」と笑顔。吉瀬さんは「初めは手探り状態だったが、みなさんのおかげ。これからも続けたい」と話した。

毎月開催へ

 吉瀬さんには忘れられない瞬間がある。東日本大震災直後、自粛ムードが漂っていた時のこと。「迷った末に開催すると、みんな集まってくれた。不安な時こそ一人でいるよりみんなの顔が見たいんだなと思った」と振り返る。

 「立ち止まっていても進歩はない」と語る桜井さん。これまでの奇数月開催に加え、4月から偶数月の第2火曜日に体操中心のサロンを開くという。「昔の井戸端会議のような場所になれたら」と話した。

 次回は4月10日(火)午前10時から。参加費百円(保険、茶菓子代)。問合せは桜井さん【電話】046・254・0442。

体操で体を動かす参加者
体操で体を動かす参加者

座間版のトップニュース最新6件

通行人、着実に増加

相模が丘仲よし小道

通行人、着実に増加

7月20日号

雪辱誓い、いざ全国へ

座間高創作舞踊部

雪辱誓い、いざ全国へ

7月20日号

豪雨被災地へ支援を

災ボラ・社協市自連

豪雨被災地へ支援を

7月13日号

座間場所から3人、全国へ

わんぱく相撲

座間場所から3人、全国へ

7月13日号

子どもの交通安全守る

おやじの会ら

子どもの交通安全守る

7月6日号

買物代行など選択広がる

訪問型家事援助サービス

買物代行など選択広がる

7月6日号

<PR>

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク